『壊れても仏像 文化財修復の話』飯泉太子宗

壊れても仏像―文化財修復のはなし作者: 飯泉 太子宗出版社/メーカー: 白水社発売日: 2009/05メディア: 単行本 著者は財団法人美術院国宝修理所のスタッフを経て、現在はNPO法人を主宰し仏像の修復活動を行っています。 実際に修復に携わる立場から、修復の過程や文化財をとりまく状況を紹介しています。 仏像の素材と構造、どんな風に壊れそして修復するのかを、プラモデルなど身近なものと比べながら、くだけた文章でわかりやすく解説してあります。仏像を眺めるのは好き、でもそんなに知識はない私でも楽しめる本でした。 古い仏像は今に至るまでに何度も修理を受けていて、造られた当初とは姿が変化しているものも多いとか。 広隆寺の弥勒菩薩半跏像は、全身に金箔が貼られていたものが、表面が剥がれ落ちて骨格の部分がむき出しになっていて、今ではその状態が鑑賞され賞賛されているそうです。 他にも立像の痛んだ下半身の部分が切断されて、坐像に変えられていたなんてユニークなものもあります。 仏像を実用品と見るか、美術品として見るかで修理の仕方も変わるのは興味深いです。 仏像を信仰の対象として見る側は、金箔や彩色を施し見栄えがするように修理したい、しかし文化財や美術品として見るならば、古いものを新品のようにしてしまうと価値が損なわれてしまいます。著者が修復するときは、古いままにしておく「文化財修理」をすすめるそうですが、どちらかが絶対に正しいというものではない悩ましい問題なのはわかります。 そ…

続きを読む

『狐罠』北森鴻

狐罠 (講談社文庫)北森 鴻講談社 2000-05by G-Tools 骨董商の橘薫堂によって、贋作のガラス碗を掴まされた陶子は、相手に同じく「目利き殺し」を仕掛けて報復しようとします。贋作師の潮見老人に協力をあおぎ、着々と計画を進めますが、橘薫堂の社員である田倉俊子が何者かに殺され、事件に巻き込まれる…という話です。 これ読んでなかった。 旗師の宇佐見陶子が登場するシリーズの一冊です。 『狐闇』ほどむちゃくちゃな感じではなく、古美術界の内幕が面白く描かれていました。知らないジャンルの話でも、スムーズに読ませてくれるのはいいところです。実際にあった贋作事件や贋作者についても興味がわいてきます。 こういう商売をしている陶子の日常は、緊張と興奮の振幅が大きくて、ばくち打ちみたいです。美人で度胸があって、という人物造形はいいんだけれど、たまに妙におんなおんなするところがなんだかなあとは思いますが。

続きを読む

『人が見たら蛙に化れ』村田喜代子

人が見たら蛙に化れ (朝日文庫)村田 喜代子朝日新聞社 2004-09-17by G-Tools 店師にハタ師に掘り師。骨董にかかわる男女の悲喜こもごもを描いた話です。 店師は文字通り店舗のある骨董業者、ハタ師は店舗なしの業者です。ここに出てくる飛田夫妻は、各地の旧家をまわって初荷の買い出しを主に行っています。そして掘り師は古い窯跡を掘って焼き物を手に入れる…つまり盗掘を行う人なのです。 お宝を求めてさすらい、物が高値で売れたと喜んだり、当てが外れてがっかりしたり、彼らの日常はいかがわしくてあまり褒められない側面もあるけれど、どうも憎めないんですよね。 掘り師が人目を忍び泥にまみれて発掘し、「これは!」という物を見つけたときには、焼き物が放つ魅力とそれが生み出すカネの魅力で、アドレナリンがどばっと出るのだろうなあ。 骨董の世界を覗き見しつつ、人物たちの欲望や男女の機微も嫌味なく読める本でした。

続きを読む

『瑠璃の契り』北森鴻

瑠璃の契り―旗師・冬狐堂 (旗師・冬狐堂)北森 鴻文藝春秋 2005-01by G-Tools 旗師・冬狐堂シリーズの第四弾。 倣雛心中/苦い狐/瑠璃の契り/黒髪のクピド 以上四編を収録。 また陶子が不幸だー。雅蘭堂の越名さんの髪がー。 なんて叫びながら読んでしまいました。 今回は人形や切り子細工などに関する話はもちろん、陶子や友人であるカメラマンの硝子の過去や、秘められた想いも描かれています。 古美術ミステリの謳い文句のとおり、謎の中心にあるのは骨董です。それが話を進めるための単なる道具にならず、陶子の骨董品への愛情や職人たちの思いも伝わってくるのが、このシリーズの良いところでしょうか。 ただですね、「会えば自分が惨めになりそうで」とか「背伸びをしている自分が崩れてしまいそう」といったセリフや、硝子が陶子にワインをぶっかけたりするのが、芝居がかりすぎていてちょっと白けてしまうのです。もう少し抑えた表現のほうが、私は好きなのですが。 雅蘭堂の越名さんが素敵だ・・・と確認できたのが収穫でした。

続きを読む

『つくも神』伊藤遊

つくも神 (ポプラの森)伊藤 遊ポプラ社 2004-11by G-Tools 主人公「ほのか」は小学生。中学生の兄・雄一は最近グレて帰りが遅い。彼らが住むマンションで放火騒ぎがあった翌日、ほのかはエレベーターの中にこわい顔をした置物があるのを見つけるが、それを境に兄妹のまわりで不思議な出来事が起こりはじめる。 『鬼の橋』よりも読者の対象年齢が低い(?)、現代を舞台にした児童書です。マンションの隣には民家と土蔵があって、ほのかと雄一、今ではすっかりグレてしまった幼馴染み龍平の、幼い頃そこで過ごした思い出が話の鍵になっています。 古い土蔵に古い道具につくも神、こう聞くだけでわくわくしますね。 「なっている」道具であるつくも神たちの活躍と、人間たちの日常とのギャップが笑いを誘います。道具の元の持ち主であるおじいさんが、つくも神になった古道具にあこがれて「きっとなる」と念じながら磨いていた、というくだりがちょっと変。 本の装丁がすごく可愛いんですよ。カバー絵の傘を抱えたつくも神に、雨が降ったら迎えに来て欲しいと思ったのは私だけではないはずです。

続きを読む

『孔雀狂想曲』北森鴻

孔雀狂想曲 (集英社文庫)北森 鴻集英社 2005-01by G-Tools 東京下北沢にある骨董屋の雅蘭堂を舞台に、店主の越名集治が骨董や古道具をめぐって起きる謎を解き明かす連作ミステリです。 同じ骨董を題材にした「冬狐堂シリーズ」は、ヒロインの宇佐見陶子がハードボイルドだけれど、こちらの雅蘭堂・越名集治は押しが弱くて、押しかけアルバイトの女子高生・長坂安積にもなめられっぱなし。だいぶ雰囲気が違います。 扱われる品はベトナム・ジッポーから古九谷、江戸切子にビスク・ドールと多彩です。それらにまつわる話でも楽しませてくれますが、主人公の窮地の陥り方がなんだかよいですね。貧乏くじを引くというのか、嵌められるというのか、弱りながらも鮮やかに謎を解いていくところが結構好き。「古九谷焼幻化」でのやり手骨董商・犬塚との対決が特に楽しいなあ。 これはシリーズにはならないのかしら?

続きを読む

もっと見る