過去を振り返る

あけましておめでとうございます。 カテゴリが1年飛んでいるような気がしますが、昨年の読書を振り返ることにしましょう。 メモをめくると山田稔、多和田葉子に惹かれ、安部公房の再読を始めています。 山田稔の「どこにも力みが感ぜられず、読むうちにこちらの力みも揉みしだかれる」と小沼丹の文章を評しているのに触発されて未知谷の『小沼丹全集』を読了。 補巻を入れて全五巻。大寺さんものと随筆が特に好きです。追憶に追憶が重なって、時系列を無視して記憶のなかを漂ったり、庭の木や小鳥、知人についての話など、なにげない短い散文に心がほぐれます。 翻訳物ではメルヴィル『白鯨』が叙事詩風といいますか神話っぽくて楽しめました。 そして年末年始に読んだばかりのナボコフ『ロシア文学講義』と『ヨーロッパ文学講義』が面白いです。ナボコフが小説のどこに重きを置くのかがびしびしと伝わってきます。細部と構造、文体について熱く語り、トルストイを絶賛してドストエフスキーを否定するナボコフですが、彼の評価には明確な基準があるから偏りがあっても面白いです。 『ヨーロッパ文学講義』は今月河出文庫で『ナボコフの文学講義』上下巻として出ます。 2012年のベストはなんといってもゼーバルト『アウステルリッツ』でしょう。 時間などというものはない、あるのはたださまざまなより高い立体幾何学にもとづいてたがいに入れ子になった空間だけだ、そして生者と死者とは、そのときどきの思いのありようにしたがって、そこを出た…

続きを読む

『美術の物語』を買いに

いい天気だったので自転車で出かけてきました。 まずは書店へ。購入したのはE.H.ゴンブリッチ『美術の物語』。先日発売になったばかりのポケット版です。西洋美術史の入門書として大きい本は手が出ませんが、これだと気軽に読めそうです。 ちなみにポケット版は後半にカラー図版がまとめてあります。 お買い物も済んだので、あとはのんびりサイクリング。 北大のイチョウ並木が黄葉してきれいです。落ち葉がはらりと舞って今が見ごろ。文化の日で祝日のせいか人も多かったです。 もうすぐ冬がきます。 美術の物語エルンスト・H. ゴンブリッチ E.H. Gombrich ファイドン 2011-11by G-Tools , 2011/11/03 美術の物語E.H.ゴンブリッチ 田中 正之 ファイドン 2007-01by G-Tools , 2011/11/03

続きを読む

『歪み真珠』山尾悠子 ほか

歪み真珠作者: 山尾 悠子出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2010/02/25メディア: 単行本 山尾悠子を読むのはこれで二冊目です。 以前に読んだ『ラピスラズリ』は小説世界を把握するのに時間がかかったけれど、最後におおっ! という情景にたどりつきます。 『歪み真珠は』15の掌篇を集めたもので、その中の「ドロテアの首と銀の皿」は『ラピスラズリ』の冬眠者に連なる話でした。 山尾悠子の作品は、言葉で組み上げた人工の美の世界だなあと思えます。強く吹きつける風や流れ去る雲、刻々と変化する野の景色も絵画の中に存在するようです。もちろん色彩や動きが感じられるわけですが、同時に静けさもあるのです。 会話が途切れた一瞬の静寂を「天使が通った」なんて言いますね。その感覚に近いです。 ときどき滲み出るユーモアはいいなあ。男前の聖アントワーヌがどんな誘惑を? とまわりが妄想を逞しゅうする気持ちはわからないでもないです。 ほかにはヴィクトル・ペレーヴィンの『宇宙飛行士オモン・ラー』がよかったので、未読だった『眠れ』と『虫の生活』も勢いで読みました。 『オモン・ラー』は、憧れていた宇宙飛行士になったオモンは月への飛行を命じられ、月面走行車に配属されるが…と言う話。ソ連という体制の不条理が背景にあるけれど、ばかげたことは別にソ連に限ったことではないし、そういう中での少年の成長小説として面白かったです。 『眠れ』は人間以外の存在の視点で日常を異化したような話が印象に…

続きを読む

『オルメードの騎士』ロペ・デ・ベガ

オルメードの騎士 (岩波文庫)作者: ロペ・デ ベガ出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/08メディア: 文庫 スペインの劇詩人ロペ・デ・ベガ(1562~1635)による戯曲です。 オルメードの騎士ドン・アロンソは、メディーナの町で美しい娘ドニャ・イネースを見初め、魔女ファビアに恋の取り持ちを頼みます。二人の気持ちは通じあいますが、イネースに恋する騎士ドン・ロドリーゴはアロンソに嫉妬し殺意を抱くのでありました。 ロペ・デ・ベガはシェイクスピア(1564~1616)と同時代に生きた人なんですね。スペインとイギリスで国は違えど、様々な階級の人が集まって一つの舞台を楽しむ演劇が盛り上がっていた頃なのでしょうか。 『オルメードの騎士』は話の筋は単純ながら、恋の情熱やアロンソの従僕テーリョの道化ぶり、そして悲劇の予感に、観客が喝采したりやきもきしたんだろうなあなんて思います。 ほぼ詩劇である原文のリズムを生かした翻訳で、読んでいるとリズムに乗ってくるのです。例えばアロンソがイネースを見初めた時のことを語る長い詩は、リボンで結い上げた巻き毛、胸元の襟にやった手首の白さ、フランス風の派手なスカートに重ねた地味な青緑のスカート、はきものの結びひも…と彼の視線の動きが感じられて、ニヤニヤしてしまいました。

続きを読む

バルザックとコッパードを読了

小説を読む気にならなくて、新書をつまんだり日本の古典の再読などをしていました。少し気分が変わってきたので、短編集をぽつぽつと読んでいます。光文社の古典新訳文庫にはケチをつける人もいるけれど、気軽に手にとれるのはいいと思いますよ。 『グランド・ブルテーシュ奇譚』バルザック バルザックの長編をそのうち読むつもりです。その前に短編に挑戦。四つの短編とエッセイを一つ収録。 いいなあと思うのは表題作と「ファチーノ・カーネ」 「グランド・ブルテーシュ奇譚」は貴族の館で起きたある事件の話。ゴシック小説のような雰囲気があります。 「ファチーノ・カーネ」は盲目の老楽士の告白。黄金への欲望と憂愁に閉ざされた半生が語られ、幻想に迷いこみます。 余談ですが、うつらうつらしながら眺めていた年譜に、浮き名を流したご夫人がたの名前がずらっと出てきて、一気に目が覚めました。 『天来の美酒/消えちゃった』コッパード この人の短編はどこへ向かうのか読めないです。「消えちゃった」と「レイヴン牧師」の幕切れには、え? となります。 本全体の印象は、登場人物がやっている事や会話はどこか抜けたようなおかしみがあり、悲劇性を備え、場面描写はえらくリリカル。「去りし王国の姫君」と「天国の鐘を鳴らせ」は詩情が溢れんばかりです。 どちかというと「好き」に傾く作家。日本人は「泣ける」とか叙情的なのが好きだよね、なんて上から目線で言いながら、私も実のところリリカルなのに弱いことが判明しました。

続きを読む

『儒林外史』呉敬梓

中国古典文学大系 (43) 儒林外史作者: 呉 敬梓出版社/メーカー: 平凡社発売日: 1968/10メディア: 単行本 科挙にふりまわされる人々を皮肉った章回小説です。 「儒」とは学ぶ者を指すそうな。具体的には、科挙に合格すれば高位高官の地位や富が得られるので、そのために学ぶ人を指します。 科挙の試験に必要なのは、経書の知識と八股文を作成する能力で、一般的な教養とは無縁なものです。厳しい競争と偏った学問で歪んだ人物がたくさん出てきます。事大主義の俗物、名士を気取って文無しになる者。でもお人よしの馬二先生なんかには「幸あれ」という気分にもなります。 回ごとに登場人物と話がつながっていく形式で、知識階級を点描してるのかと思いきや、いつのまにか何十年も時が流れ時代が変わっていきます。最終回には名士たちは姿を消し、書や音楽、詩をたしなむ庶民ばかりが描かれています。こういう時代の遠近感が印象に残りました。 知識階級、いわゆる読書人の類型が並べられた地味な話ではあるけれど、皮肉にふふっと笑ったり、同時に描き出される風景風俗庶民の姿に、当時の社会の様子が垣間見えたりします。 ちなみに借りてきた平凡社の古い全集の翻訳は読みやすかったです。

続きを読む

もっと見る