『大鏡』

2008/01/2612:10
大鏡保坂 弘司 講談社 1981-01by G-Tools 現代語訳をした保坂弘司の序文でいきなり笑いました。 『大鏡』は藤原氏、特に道長の栄華を物語っていて、権力闘争に明け暮れる貴族たちの横顔がうかがえます。で、王朝の最高の男性文学と持ち上げ、こんな風におっしゃる。 現代の政界・財界・学界を問わず、生きて戦う男性の、その生きざまを示唆するバイブルである 平安版プレジデントかよ、と。 内容も変に力んでいたらどうしようと思ったけれど大丈夫でした。人名や官職名なども段..

続きを読む

『源氏物語を読むために』西郷信綱

2007/11/0212:23
源氏物語を読むために (平凡社ライブラリー)西郷 信綱平凡社 2005-04by G-Tools もっとお堅い本かと思ったら、意外に読みやすかったです。でもこの本は源氏物語を読んだことがあって、内容をある程度把握している人向けですね。 そもそも源氏物語は、紫式部が宮廷とその周辺にいる女性読者に向かって書いたものです。貴族の子女が「きゃー」とか「わー」とか思いながら読んだのでしょうね。だからといって軽んずることなく、さりとて権威主義にも陥らず、時代背景や端役の意味する..

続きを読む

『更級日記』

2005/10/2020:59
更級日記―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)原岡 文子 角川書店 2003-12by G-Tools 日記文学ということでドメスティックな内容かと思いきや、ちょっと違いました。 著者は菅原道真の嫡流、五世の末裔である菅原考標の娘。 内容は上総介の任期を終えた父に伴われて上京した13歳から、夫と死別し侘しい生活をおくる52歳ごろまでの回想録になっています。 が、例えば結婚や出産といった、女性が人生で印象深いであろう事柄に重点を置いたものではありません。著者は物語が..

続きを読む

『陰陽師 太極ノ巻』夢枕獏

2005/10/1310:11
陰陽師 (太極ノ巻)夢枕 獏文芸春秋 2003-04by G-Tools 漫画を読んだ方にしかわからない話で恐縮ですが、わたくし、ファラオの呪いから逃れるために、もう一度小説を最初から読んでしまいました。 陰陽師、飛天ノ巻、付喪神ノ巻、鳳凰ノ巻、龍笛ノ巻、そしてこの太極ノ巻。 相変わらず晴明邸の簀子に座して酒を飲む二人です。 著者自身があとがきで「マンネリをおそれない」と書いているとおり、それがいいんですよね。 さらさらと読めて、怖い話や幻想的な話でも、どこか..

続きを読む

『陰陽師 (13)』岡野玲子

2005/10/0312:03
陰陽師 (13) (Jets comics)岡野 玲子白泉社 2005-09-29by G-Tools 終わった…。長かった…。 そしてどうあってもエジプトなのですね? ストーリーなど、あってなきがごときです。伏線の回収なのか、こじつけなのか、広げに広げた神秘の大風呂敷を無理やり畳んでみました、というような最終巻でした。 え? 全然解りませんか? 私もよく解っていないので当然です。 世の中の色々な現象と人間の営みの無常観や哀しみを、陰陽師という視点から描..

続きを読む

『おちくぼ姫』田辺聖子

2005/09/2911:09
おちくぼ姫 源中納言には姫が四人いて、他に腹違いの姫が一人、後ろ盾をなくしてお邸に引き取られている。 継母にあたる北の方はこの姫を自分の姫たちとは差別して扱った。床が一段低く落ち窪んだ部屋をあてがい、粗末な身なりで召使いのように縫い物ばかりをさせ、「おちくぼ」と呼んでいた。 作者も正確な成立年代も不明ですが、平安期に書かれたと思われる「落窪物語」を、田辺流に現代語訳したものです。 平安貴族の暮らしぶりや習慣の解説も文中に盛り込まれていて、小中学生にも読みやすい..

続きを読む

もっと見る