『儒林外史』呉敬梓

2010/03/0611:17
中国古典文学大系 (43) 儒林外史作者: 呉 敬梓出版社/メーカー: 平凡社発売日: 1968/10メディア: 単行本 科挙にふりまわされる人々を皮肉った章回小説です。 「儒」とは学ぶ者を指すそうな。具体的には、科挙に合格すれば高位高官の地位や富が得られるので、そのために学ぶ人を指します。 科挙の試験に必要なのは、経書の知識と八股文を作成する能力で、一般的な教養とは無縁なものです。厳しい競争と偏った学問で歪んだ人物がたくさん出てきます。事大主義の俗物、名士を気..

続きを読む

『アルゴナウティカ』アポロニオス

2009/07/1111:24
アルゴナウティカ―アルゴ船物語 (講談社文芸文庫)作者: アポロニオス出版社/メーカー: 講談社発売日: 1997/08メディア: 文庫 イオルコスの英雄イアソンは、王ペリアスに命じられ、黒海の東の果てのコルキスにある金羊毛を求めて、ギリシア中の勇士たちと共にアルゴー船に乗り航海をします。 トロイア戦争よりも前の時代の話で、アルゴー船の伝承自体もホメロスの叙事詩より古いらしいです。 この『アルゴナウティカ』は紀元前3世紀ごろの詩人アポロニオスによる叙事詩。『..

続きを読む

『カレワラ物語』キルスティ・マキネン

2009/07/0209:04
カレワラ物語―フィンランドの国民叙事詩作者: キルスティ マキネン出版社/メーカー: 春風社発売日: 2005/05メディア: 単行本 カレワラはフィンランドの叙事詩です。 解説によるとフィンランド東部とロシア北西部にまたがるカレリア地方に伝わる口承詩に基づいた文学作品だそうで、19世紀にフィンランドの青年医務官エリアス・ロンロートによって収集され、編集されたそうな。 本書は簡易版で、お話として読むには分かりやすいです。 世界の創造にはじまり、生まれたときから..

続きを読む

『トロイア戦記』クイントゥス

2009/05/1516:08
トロイア戦記 (講談社学術文庫)松田 治 講談社 2000-09by G-Tools 『イリアス』で語られるのは、アキレウスに討たれたヘクトルの葬儀まで。 三世紀ごろのギリシア詩人クイントゥスによる『トロイア戦記』は、その後からトロイア崩壊までが描かれます。アキレウスやパリスの最期、木馬作戦などを読むことができます。 木馬作戦の場面は非常に絵になりますね。 災いの木馬を町に曳くことで破滅に近づくトロイアの人々、虚しく響くカサンドラの予言、それを天上から見てあざ笑..

続きを読む

『イリアス』『オデュッセイアー』ホメロス

2009/05/1208:35
あらすじは知っているけれど、一度ちゃんと読んでみるかなというわけで、ホメロスの叙事詩『イリアス』と『オデュッセイアー』です。 松平千秋翻訳の『イリアス』、呉茂一翻訳の『オデュッセイアー』という変則的な読書になってしまいました。 松平訳は散文、呉訳は少々意味のとりにくい部分もありますが、もとの韻文の雰囲気を伝えるようなリズムがあります。 叙事詩はもともと口承のものだからなのか、枕詞や定型句、特に『イリアス』に顕著な長い比喩が多くて、冗長に感じられなくもない..

続きを読む

『ガリア戦記』ユリウス・カエサル

2009/02/1811:43
<新訳>ガリア戦記中倉 玄喜 PHP研究所 2008-02-14by G-Tools 新訳『ガリア戦記』を開いてびっくり、活字が大きくルビが山ほど付いています。児童書なのか? と目を擦りました。 翻訳がどうなのかは、他の訳のを読んでいないので判断がつきませんが、この本は最初の100ページほどの解説が親切です。 共和政末期のローマの状況や、カエサルの生い立ちなど、歴史的背景が手際よくまとめられていて、予備知識のない人でも大丈夫です。 ローマ軍の兵食が、粗挽き小麦を水で..

続きを読む

もっと見る