『秘密の花園』ノート 梨木香歩

2010/01/1116:22
『秘密の花園』ノート (岩波ブックレット) (岩波ブックレット NO. 773)作者: 梨木 香歩出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/01/09メディア: 単行本(ソフトカバー) バーネットの『秘密の花園』を読み解くためのテキストです。 『秘密の花園』はインドで親に顧みられることなく育った少女メアリが、両親の死後イギリスの親戚に引き取られ、「秘密の花園」を見つけ再生することで自身の心と身体も再生していくというお話です。 ノートはストーリーの流..

続きを読む

『秘密の花園』読んだよ、堀江敏幸買ったよ

2009/12/2710:35
『秘密の花園』バーネット 来月、岩波のブックレットで梨木香歩「『秘密の花園』ノート」が出るので読んでみました。 裕福であっても親から顧みられず、わがままに育ったメアリとコリンの境遇は、不幸のどん底で周囲にいびられながらも真直ぐ育つ健気な子供よりも現代的かもしれないと少し思いました。 その一方でイギリスの上流階級で親が子供に無関心というか、あまり関わらないような習慣が一部あったのかしらんと思ったり。 イギリス貴族の大邸宅で生まれ育ち、現在京都にお住まいのベニシア・ス..

続きを読む

『RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧』荻原規子

2009/09/1410:07
RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)作者: 荻原 規子出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/05/29メディア: 単行本 『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』の続編です。 私は児童書のタグをつけてますが、カドカワ銀のさじシリーズは「子どもから大人まで楽しめるファンタジー」というコンセプトのようです。 今回はおもいきり学園物。高校生になる泉水子は紀伊を出て東京の鳳城..

続きを読む

カニグズバーグを二冊

2009/03/2012:24
『クローディアの秘密』E.L.カニグズバーグ 日常生活にあきあきしたクローディアは家出を決行。小金持ちの弟を誘い、落ち着いた先はメトロポリタン美術館です。そこで二人は、とある美術品の謎を解こうとするのですが…。 お金のこと以外は慎重で計画的なクローディアと、大胆だけれど締まり屋の弟ジェイミー。都会っ子の家出生活がいいです。美術館に勝手にお泊りなんて楽しいなあ。一人だと肝試しみたいで怖いけれど、二人だとスリルになります。 魅力のある場所と謎、加えて思春期に入る..

続きを読む

『時の旅人』アリソン・アトリー

2009/02/0711:21
時の旅人 (岩波少年文庫)Alison Uttley 松野 正子 岩波書店 2000-11by G-Tools ロンドンに家族と一緒に住んでいるペネロピーは、体が弱くて学校も休みがち。本を読み、絵を描き、空想するのが好きな女の子です。療養のため、ダービシャーにある親戚の農場にやってきたペネロピーは、16世紀の荘園に迷い込み、歴史上の事件に関わった一族に出会うのでありました。 ペネロピーの滞在するサッカーズ農場は、その昔、幽閉されているスコットランド女王メアリーの脱出..

続きを読む

『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』荻原規子

2008/08/1112:47
RDG レッドデータガール はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)荻原 規子角川グループパブリッシング 2008-07-04by G-Tools 修験道を題材にした、現代が舞台のファンタジーです。 正直、中盤まではどうなることかと思いました。 熊野古道に接する玉倉神社に育った鈴原泉水子(すずはらいずみこ)は、長いお下げ髪にメガネをかけた、引っ込み思案な中学三年生。 この主人公の内気ぶりがはんぱじゃないです。怖い、できないと思ったら人任せの、あまりの幼稚..

続きを読む

もっと見る