十二国記と佐藤亜紀とモリミーと

流れに何の関連もないと思いつつ、読んだ作品と作家を無理やり並べてみました。雑感を簡単に書いておきます。 yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]作者: 出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/09/26メディア: 雑誌 yomyomの12号はもちろん十二国記の新作が目的です。 事前に新潮社のサイトで告知があったので、『華胥の幽夢』収録の「帰山」を読んで気分を盛りあげました。 新作は柳国が舞台でタイトルは「落照の獄」 「帰山」で語られた柳国の状況を内側、つまり官吏の視点から描きます。司法がらみでタイムリーな話といえますかね。でもちゃんと「天」につながっていて、十二国記の世界観に組み込まれています。天綱に記された条理は絶対で、そのこと自体は是非もなく容認されていても、やはり人は悩むし揺れるのでありました。 今度はもう少し動きのある話が読みたいなー、と贅沢を言ってみます。というか本編はどうなるの? 激しく、速やかな死作者: 佐藤 亜紀出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/06メディア: 単行本 『激しく、速やかな死』佐藤亜紀 短編集です。 うー、これはヨーロッパの歴史と文化の知識がないとつらいです。サド侯爵ならメジャーだし、白檀の小箱の話のように、背景を知らなくても女の人の意地悪な言い回しを楽しめる話もあるんですけどね。 作者による解題がついてますけど、私の力不足ということで…。 これを隅まで理解できる人…

続きを読む

『RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧』荻原規子

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)作者: 荻原 規子出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/05/29メディア: 単行本 『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』の続編です。 私は児童書のタグをつけてますが、カドカワ銀のさじシリーズは「子どもから大人まで楽しめるファンタジー」というコンセプトのようです。 今回はおもいきり学園物。高校生になる泉水子は紀伊を出て東京の鳳城学園に入学します。学園には有能な学生がひしめいていて、相変わらずまごまごする泉水子であります。 学園の謎あり、山伏や陰陽師といった日本古来から続く存在あり、超人のようでいても普通の高校生が抱えるような心の揺れありで楽しかったです。 さくっと読めるわりに、背後の世界観に広がりがあります。 古来からある神秘的な力。それらをめぐる暗闘。山や木々が発する清浄な気みたいなものを、泉水子を通して感じること。 過去の存在に思いを馳せたり、身体感覚を呼び覚ますところが私は好きなんですよね。 続きが読みたいと思わせる荻原規子の力はたいしたもんです。 ここから脱線。 イザベラ・バードは伊勢神宮を訪れたとき、「からっぽでおそろしい」というような感想をもらしています。 大雑把にいえば、神道にはキリスト教や仏教のような教義は無いので、そう感じるのもわからないでもないです。からっぽだから政治の具になるというのも当たっていま…

続きを読む

『時の旅人』アリソン・アトリー

時の旅人 (岩波少年文庫)Alison Uttley 松野 正子 岩波書店 2000-11by G-Tools ロンドンに家族と一緒に住んでいるペネロピーは、体が弱くて学校も休みがち。本を読み、絵を描き、空想するのが好きな女の子です。療養のため、ダービシャーにある親戚の農場にやってきたペネロピーは、16世紀の荘園に迷い込み、歴史上の事件に関わった一族に出会うのでありました。 ペネロピーの滞在するサッカーズ農場は、その昔、幽閉されているスコットランド女王メアリーの脱出計画に関わった貴族の領主館でした。母方の一族は代々その領主に仕えていたのです。 しみじみと胸に残るのは、牧草地と畑と森に囲まれたサッカーズ農場の風景と、日々の営みです。この描写が緻密であたたかくて素晴らしい。ペネロピーのまなざしから、屋敷や土地に宿る人々の記憶と思いが引き出されていくようです。暖炉のある台所で作られる素朴な料理、壁にかかった道具…。 ペネロピーは今の時間から外れて過去に旅しているけれど、読んでいる私には、多重露出撮影された写真のように、300年前の人々の暮らしと運命が、現在の農場と重なって見えるように思えました。 サッカーズという、わりと狭い範囲での話ですが、懐が深くって、読んでいる間ずっとサッカーズの空気にくるまれていました。

続きを読む

『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』荻原規子

RDG レッドデータガール はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)荻原 規子角川グループパブリッシング 2008-07-04by G-Tools 修験道を題材にした、現代が舞台のファンタジーです。 正直、中盤まではどうなることかと思いました。 熊野古道に接する玉倉神社に育った鈴原泉水子(すずはらいずみこ)は、長いお下げ髪にメガネをかけた、引っ込み思案な中学三年生。 この主人公の内気ぶりがはんぱじゃないです。怖い、できないと思ったら人任せの、あまりの幼稚さにイライラ必至です。仕事で不在の両親は、母親は警視庁公安部に勤め、コンピュータプログラマーの父は大手に引き抜かれてシリコンバレーで働き、父の友人・相楽はやたらと有能で男前、相楽の息子の深行(みゆき)は泉水子と同じ中三で、秀才でスポーツ万能でもちろん男前。 主人公の周囲にいる人間がみな超人で、違う意味でファンタジーな設定がちょっとキツイなあ、と思っていました。 でも後半、話がぐんぐん動き始めると、極端な設定も納得がいくし、昔の日本の信仰と現代がうまく絡み合っていて、物語のさらなる広がりが期待できました。 要するに面白かったんですよう。

続きを読む

『流れ行く者』上橋菜穂子

流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36) (偕成社ワンダーランド 36)二木真希子 偕成社 2008-04-15by G-Tools 守り人シリーズの番外編。バルサ13歳、タンダが11歳のころのエピソードを綴った短編集です。 あたたかい家族に囲まれたタンダの里での生活。トロガイ師のもとに身を寄せたり、追手を逃れて用心棒稼業をしながら流れていくジグロとバルサの過酷な暮らし。 本編ではすでに大人になっている二人の子供時代が、丹念な世界描写のなかに息づいていました。 タンダなんかほんとうにお子様なんですが、思いやりと探究心があって、あのタンダにちゃんと繋がっていますね。 そしてバルサの現在の姿を形成するのに、避けては通れない出来事も容赦なく描かれます。 カバーもそうだけど中身も燻し銀の魅力です。ジグロとバルサのほかにも、「浮き籾」に登場する、里を離れて好き勝手に生きたオンザ、「ラフラ <賭事師>」のラフラの老女アズノ、「流れ行く者」で氏族から外れ隊商の護衛士をしている初老のカンバル人スマルといった、浮き草の人生の末がそれぞれに描かれていているのが良かったりします。

続きを読む

本は読んでいますが

ぼつぼつと読書はしております。が、なんとなく感想を書く気力がありません。というか、意識が鉢植えをいじるほうに向かっているのですよ。春ですし。 今日は園芸店をはしご。そろそろ外植えもできる気候になってきたので、店もわりと人が来てました。今度の連休あたりはもっと混むかも。 買わないつもりだったのに、ぎゅうぎゅうしてて可愛いかったので、センペルビブムをひとつ購入してしまいました。 あとは書店をぶらつき、『河岸忘日抄』堀江敏幸の文庫を購入。 ちなみにここ数日なにを読んでいたのかというと、 『イティハーサ』水樹和佳子 漫画文庫で全七巻。超古代日本を舞台にしたSFファンタジーです。 神と人との関係から、人間の存在理由やひとつの宇宙観を示す壮大な話へとつながっていきます。 十数年連載していて、絵に乱れも変質もないことにびっくり。勾玉の形が、回転する銀河のイメージにつながるところなんかが好きです。 『香菜里屋を知っていますか』北森鴻 シリーズが終わってしまいました。しみじみ。私、お酒は飲まないのですが、おつまみが美味そうでねー…。

続きを読む

もっと見る