十二国記と佐藤亜紀とモリミーと

2009/09/3011:02
流れに何の関連もないと思いつつ、読んだ作品と作家を無理やり並べてみました。雑感を簡単に書いておきます。 yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]作者: 出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/09/26メディア: 雑誌 yomyomの12号はもちろん十二国記の新作が目的です。 事前に新潮社のサイトで告知があったので、『華胥の幽夢』収録の「帰山」を読んで気分を盛りあげました。 新作は柳国が舞台でタイトルは「落照の獄」 「帰山」で語られ..

続きを読む

『RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧』荻原規子

2009/09/1410:07
RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)作者: 荻原 規子出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/05/29メディア: 単行本 『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』の続編です。 私は児童書のタグをつけてますが、カドカワ銀のさじシリーズは「子どもから大人まで楽しめるファンタジー」というコンセプトのようです。 今回はおもいきり学園物。高校生になる泉水子は紀伊を出て東京の鳳城..

続きを読む

『時の旅人』アリソン・アトリー

2009/02/0711:21
時の旅人 (岩波少年文庫)Alison Uttley 松野 正子 岩波書店 2000-11by G-Tools ロンドンに家族と一緒に住んでいるペネロピーは、体が弱くて学校も休みがち。本を読み、絵を描き、空想するのが好きな女の子です。療養のため、ダービシャーにある親戚の農場にやってきたペネロピーは、16世紀の荘園に迷い込み、歴史上の事件に関わった一族に出会うのでありました。 ペネロピーの滞在するサッカーズ農場は、その昔、幽閉されているスコットランド女王メアリーの脱出..

続きを読む

『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』荻原規子

2008/08/1112:47
RDG レッドデータガール はじめてのお使い (カドカワ銀のさじシリーズ)荻原 規子角川グループパブリッシング 2008-07-04by G-Tools 修験道を題材にした、現代が舞台のファンタジーです。 正直、中盤まではどうなることかと思いました。 熊野古道に接する玉倉神社に育った鈴原泉水子(すずはらいずみこ)は、長いお下げ髪にメガネをかけた、引っ込み思案な中学三年生。 この主人公の内気ぶりがはんぱじゃないです。怖い、できないと思ったら人任せの、あまりの幼稚..

続きを読む

『流れ行く者』上橋菜穂子

2008/06/1810:54
流れ行く者―守り人短編集 (偕成社ワンダーランド 36) (偕成社ワンダーランド 36)二木真希子 偕成社 2008-04-15by G-Tools 守り人シリーズの番外編。バルサ13歳、タンダが11歳のころのエピソードを綴った短編集です。 あたたかい家族に囲まれたタンダの里での生活。トロガイ師のもとに身を寄せたり、追手を逃れて用心棒稼業をしながら流れていくジグロとバルサの過酷な暮らし。 本編ではすでに大人になっている二人の子供時代が、丹念な世界描写のなかに息づい..

続きを読む

本は読んでいますが

2008/04/2917:06
ぼつぼつと読書はしております。が、なんとなく感想を書く気力がありません。というか、意識が鉢植えをいじるほうに向かっているのですよ。春ですし。 今日は園芸店をはしご。そろそろ外植えもできる気候になってきたので、店もわりと人が来てました。今度の連休あたりはもっと混むかも。 買わないつもりだったのに、ぎゅうぎゅうしてて可愛いかったので、センペルビブムをひとつ購入してしまいました。 あとは書店をぶらつき、『河岸忘日抄』堀江敏幸の文庫を購入。 ちなみにここ数日な..

続きを読む

もっと見る