『かぼちゃケーキを切る前に』リヴィア・J・ウォッシュバーン

2008/11/2810:48
かぼちゃケーキを切る前に (ランダムハウス講談社 ウ 3-2 お料理名人の事件簿 2) (ランダムハウス講談社文庫)赤尾 秀子 ランダムハウス講談社 2008-06-10by G-Tools 『桃のデザートには隠し味』に続く、シリーズ第2弾です。 キャロリンの知り合いに頼まれ、小学校の秋祭りを手伝うことになったフィリス。チャリティー・オークションに出品するデコレーションケーキと、ヘルシー・スナック・コンテストのためのお菓子づくりに腕を振るいます。しかし秋祭りの当日、..

続きを読む

『桃のデザートには隠し味』リヴィア・J・ウォッシュバーン

2008/11/0911:16
桃のデザートには隠し味 [お料理名人の事件簿1] (ランダムハウス講談社 ウ 3-1 お料理名人の事件簿 1)赤尾秀子 ランダムハウス講談社 2007-12-01by G-Tools テキサス州の小さな町に住むフィリスは、元歴史科の教師で未亡人。現在、自宅を下宿にして、友人をはじめとする退職した教師ばかりに部屋を貸しています。フィリスにとって、町で開かれるピーチ・フェスティバルのハイライトは料理コンテスト。今年こそ優勝するぞ、と意気込んで参加したフィリスでしたが、彼女の作..

続きを読む

『夏期限定トロピカルパフェ事件』米澤穂信

2007/12/1612:29
夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)米澤 穂信東京創元社 2006-04-11by G-Tools 小市民シリーズ第二弾、『春期限定いちごタルト事件』の続編ですね。 高校二年生になった小佐内さんと小鳩くんの、夏休みの事件です。 <小佐内スイーツセレクション・夏>計画の、これでもかという甘味の波状攻撃には参りました。ああもう、ケーキ食べたい。まちのお菓子屋さんの中から、小佐内さんによって選ばれた、とっておきのスイーツを味わいつくすという計画です。これに小鳩くん..

続きを読む

『ショコラ』ジョアン・ハリス

2007/10/1811:36
ショコラ (角川文庫)Joanne Harris 那波 かおり 角川書店 2002-06by G-Tools フランスの小さな村。カーニバルの最中にやってきた母娘がチョコレートの店を開きます。母ヴィアンヌの作るチョコレートは、因習にしばられどこか閉鎖的な村に活気を与え、人々の心をゆるやかに解き放っていきますが…。 チョコレートの魔法ひとつで村人たちが幸せになりめでたしめでたし、っていうだけの話じゃないんですね。甘やかで香しいささやかな喜びの影には、孤独と深い哀しみが..

続きを読む

イクライクラ♪

2006/09/1619:24
食欲の秋に突入です。 生筋子が100グラム198円だったので、イクラ醤油漬けを作りました。530グラムぐらいのパックで1000円ちょっと。自分でつくると好きなだけ食べられて、幸せになれます。 作り方 生筋子を塩を入れたぬるま湯に浸し、薄皮から卵をはずします。 卵を水ですすいで残ったかすを流し、ザルにあげて水分を切ります。 あとはお好みで味付けをしてなじませたら完成。 私は市販の調味料をつかってしまいます。 自分で味をつける場合は、生筋子200グラ..

続きを読む

『日暮らし』宮部みゆき

2006/03/3011:15
『ぼんくら』は以前に読んだのですが、細かい内容は忘れ去っています。でも大丈夫でした。←おい 同心の井筒平四郎、その甥で超美少年の弓之助、岡っ引きの政五郎、手下で異様に額が広くて記憶力が抜群の少年・通称「おでこ」らが事件を解決していく時代物です。 大店の湊屋に関係した事件がメインなわけですが、お家の複雑な事情に平四郎たちは翻弄されます。 自分のやれることで生計をたてて、毎日を食っていく。こんな風に考えれば人生なんて単純だと思えるのに、なかなかそうはいか..

続きを読む

もっと見る