No-image

『大奥 第四巻』よしながふみ

大奥 第4巻 (4) (ジェッツコミックス)よしなが ふみ白泉社 2008-12-24by G-Tools 波乱万丈の家光の話が終り、なんだか寂しい家綱の生涯を経て、綱吉の時代に突入しました。 いやー、なんだろう、このわくわく感は。誑しでアンニュイでこの先いろいろやってくれそうな綱吉さまに心もはずみます。周りの人間もクセがありますしね。父親の玉栄、柳沢吉保、右衛門佐。 あと、大奥の話…

続きを読む

No-image

『アンナ・カレーニナ(4)』トルストイ

アンナ・カレーニナ〈4〉 (光文社古典新訳文庫)望月 哲男 光文社 2008-11-11by G-Tools 『アンナ・カレーニナ(1)(2)』『アンナ・カレーニナ(3)』の続きです。 全4巻、読み終わりました。 アンナとリョーヴィンは、この巻で初めて対面するんですね。すごく印象に残る場面でした。 『アンナ・カレーニナ』には二組の恋愛の行方を追う他にも、読み所がたくさんあります。 …

続きを読む

No-image

『未見坂』と『聖家族』を読了

『未見坂』堀江敏幸 とある地域に暮らす人々の日常を描いた連作短編集です。『雪沼とその周辺』に繋がる話ですね。 未見坂がある地域の描かれ方は、住民も高齢化した古い市営住宅があって、幹線道路沿いには大型スーパーがあり、若いファミリーが住む新興住宅地もできて…という、時が止まったような『雪沼~』よりは少し現実寄り? な感じがします。なんとなく『郊外へ』が示す都心と郊外のような、都市と地方と…

続きを読む

No-image

『アンナ・カレーニナ(1)(2)』トルストイ

全4巻のうち、やっと半分まで来ました。さすがに長い。でも読みやすいし面白いです。 高級官僚の妻アンナと青年将校のヴロンスキー伯爵、公爵令嬢のキティと地主貴族リョーヴィン。このふたつの恋愛を軸に、男女の意識から家族観や結婚制度、生活をとりまく政治と宗教まで、19世紀後半のロシアの姿を丸ごと小説にしています。 色男のヴロンスキーはキティに粉をかけながら、アンナと出会って恋に落ちて…

続きを読む

No-image

なんとなく長編脳

あまり感想を書いていませんが、読書欲は満々です。 何を読んでいるのかは、サイドバーから飛べる本のメモを参照→。 最近は翻訳ものの長編小説が多いです。頭も長編モードに入っていて、集中はできるのですが、出力する気分にならないみたいです。今はそういう時期なのかも。 で、河出書房新社から出ている池澤夏樹編集の世界文学全集をぽつぽつと読んでいたりします。何冊か読んだ中では、ブルガーコフの『巨…

続きを読む

No-image

『かぼちゃケーキを切る前に』リヴィア・J・ウォッシュバーン

かぼちゃケーキを切る前に (ランダムハウス講談社 ウ 3-2 お料理名人の事件簿 2) (ランダムハウス講談社文庫)赤尾 秀子 ランダムハウス講談社 2008-06-10by G-Tools 『桃のデザートには隠し味』に続く、シリーズ第2弾です。 キャロリンの知り合いに頼まれ、小学校の秋祭りを手伝うことになったフィリス。チャリティー・オークションに出品するデコレーションケーキと、ヘルシ…

続きを読む

No-image

『幻影の書』ポール・オースター

幻影の書柴田 元幸 新潮社 2008-10-31by G-Tools 妻と息子を失い、酒と悲しみに浸って幽霊のような生活を送るデイヴィッド。ある日彼は無声映画の一場面を観て笑います。 まだ自分には笑う力があったのだ。 心を動かされたデイヴィッドはやがて、謎の失踪を遂げた無声映画俳優ヘクター・マンの消息を追うことになります。 ポール・オースター作品の好きなところを大まかに言うと、人物…

続きを読む

No-image

『カエアンの聖衣』バリントン・J・ベイリー

カエアンの聖衣 (ハヤカワ文庫 SF 512)冬川 亘 早川書房 1983-01by G-Tools 衣服こそがその人の意識を表す。そんな哲学をもつカエアン文明を調査するため、敵対関係にあるジアードの文化人類学者アマラたちは宇宙を駆け巡ります。一方、カエアンの難破船から積荷を奪ったジアードの男が手に入れた一着のスーツとは…。 はっはっは。ばかばかしい発想のかたまりを、こねてまとめて引き…

続きを読む

No-image

『桃のデザートには隠し味』リヴィア・J・ウォッシュバーン

桃のデザートには隠し味 [お料理名人の事件簿1] (ランダムハウス講談社 ウ 3-1 お料理名人の事件簿 1)赤尾秀子 ランダムハウス講談社 2007-12-01by G-Tools テキサス州の小さな町に住むフィリスは、元歴史科の教師で未亡人。現在、自宅を下宿にして、友人をはじめとする退職した教師ばかりに部屋を貸しています。フィリスにとって、町で開かれるピーチ・フェスティバルのハイライトは…

続きを読む

No-image

『心臓に毛が生えている理由』米原万里

心臓に毛が生えている理由米原 万里角川学芸出版 2008-05by G-Tools これからはもう新しいエッセイを読むことはできないのが寂しいなあ。 米原万里は食欲と知識欲が旺盛で、エッセイも言語ネタと食べ物ネタが充実しています。 食物の伝播を戦争の歴史と絡めて考察してみたり、言葉の背後には文化や歴史が横たわっていることを、わかりやすく楽しく書いてしまう才能には感服します。 この本…

続きを読む

No-image

『犬が星見た ロシア旅行』武田百合子

犬が星見た―ロシア旅行 (中公文庫) 昭和44年に、夫の武田泰淳と中国文学者の竹内好とともに旅したロシア紀行です。 相変わらず彼女のまなざしは冴えてます。ツアーの他の参加者である銭高老人は、一度読むと忘れられない人になりますね。特徴のある関西の言葉、立ち居振舞い。武田百合子の銭高老人への好意と好奇心が文章から滲みでています。 泰淳は酒の飲み過ぎ、百合子をこき使い過ぎなんだけれど、物…

続きを読む

No-image

買った本、読んだ本

たまには買った本など書いてみます。 『百鬼夜行抄(17)』今市子 最初の「狐使いの跡継ぎ」は、話が素直だし燈子ちゃんも可愛くて○。蝸牛の話「付け馬」もよかった。 八代って、いまいちメジャーになれない幸薄い演歌歌手みたいに思えてしょうがないです。 『三国志』宮城谷昌光 いよいよ文庫化。第1巻、第2巻を購入。これは何巻まで出るのでしょうか。 三国志は昔々に吉川英治のを…

続きを読む

No-image

『地唄・三婆』有吉佐和子

地唄・三婆―有吉佐和子作品集 (講談社文芸文庫)有吉 佐和子講談社 2002-06by G-Tools 思えば光源氏は六条院に春夏秋冬の四つの庭と御殿をつくって女人たちを住まわせていました。 「三婆」は金融業で財を成した男がつくった庭園で、男の死後、正妻、妾、実妹の三人がすさまじい同居生活を送る話です。 庭園といってもその実態は、晩年茶道に凝った男がすり寄ってくる宗匠たちの進言をその…

続きを読む

No-image

『遊覧日記』武田百合子

どんな存在も武田百合子の視線からは逃れられないんじゃなかろうか。そんな気分です。 浅草、青山、隅田川、京都。お出かけ先で目にした風景、耳に飛び込んでくる音をありのままに綴っています。 剥製の並んだ店だとか藪塚ヘビセンターだとか、向かうところがちょっと怪しげ。桜や牡丹の花を見に行っても、群れ集う人の瞬間的な動作をすばやく写しとります。おばちゃんの会話やしょぼくれた景色が、なんとも心を引きつ…

続きを読む

No-image

『富士日記』武田百合子

先日読んだエッセイ『ことばの食卓』が予想外によかったのです。これは他の本も読まねばなるまいというわけで、ただ今、武田百合子祭りの真っ最中です。 内容は富士の山荘で過ごした日々の日記です。 車をとばし、買出しをして、ご飯を作って、庭をいじり、夫の武田泰淳の口述筆記をし、地元の人と交流する。そんな毎日が、その日買ったもの食べたものと一緒に淡々と綴られています。 武田百合子は…

続きを読む

No-image

『忘れられた日本人』宮本常一

忘れられた日本人 (岩波文庫)宮本 常一岩波書店 1984-01by G-Tools ちくま日本文学にも一部が収録されていて、興味をひかれました。 主に西日本の老人たちから聞き取った話をまとめています。調査をしたのは昭和の十~二十年代ぐらい。老人たちが生きてきた藩政時代から明治、大正にかけての社会を背景にした一庶民の姿が生き生きと浮かび上がります。 習俗の話ももちろん興味深いのですけ…

続きを読む

No-image

『宮本常一 ちくま日本文学』

宮本常一 [ちくま日本文学022] (ちくま日本文学 (022))宮本 常一筑摩書房 2008-08-06by G-Tools 民俗学者の宮本常一の本を初めて手にとってみました。 農村、漁村、離島を歩き、庶民の生活をつぶさに観察した様子は、旅日記や読み物としても面白いです。 自身の故郷である瀬戸内の島の生活誌では、波の音、食生活、生計の手段、人の行き来などが細やかに描かれます。五感を…

続きを読む

No-image

『宿屋めぐり』町田康

宿屋めぐり町田 康講談社 2008-08-07by G-Tools 滅びにいたる道は広く、光にいたる道は狭い そうかー…。鋤名彦名の場合は、広い道をまっすぐ歩いて大権現を目指したほうがいいんではないの? などとおせっかいなことを思うのだけれど、何か目的があって、上がりがあるのが人生というわけではないですもんね。 主の命を受けて、大刀を大権現に奉納すべく旅をしているのが主人公。酒や女や…

続きを読む

No-image

『火星夜想曲』イアン・マクドナルド

火星夜想曲 (ハヤカワ文庫SF)Ian McDonald 古沢 嘉通 早川書房 1997-08by G-Tools 砂漠の真ん中に町が生まれて半世紀後に消えていくまでの物語です。 『火星年代記』や『百年の孤独』を彷彿とさせる。そんな評を読む前に目にしていましたが、よくわかりました。 火星の砂漠に生まれた町の年代記を、マジックリアリズムの手法を取り入れて描いているんですね。 砂漠…

続きを読む