No-image

『家守綺譚』梨木香歩

家守綺譚梨木 香歩新潮社 2004-01by G-Tools 学士綿貫征四郎の著述という形の連作掌編です。 湖から引いた疏水につながる池と、庭木が伸び放題の庭がある二階建ての日本家屋。家守としてここに移り住んだ綿貫は、庭木に惚れられたり河童や子鬼に会ったりと、わけが解らないながらも自然とそれらを受け入れて日常をおくります。今は亡き友人の高堂が、掛け軸の風景の中からボートを漕いで現れるあ…

続きを読む

No-image

『イヴの眠り(3)』吉田秋生

イヴの眠り―YASHA NEXT GENERATION (3) (flowersフラワーコミックス)吉田 秋生小学館 2004-12-20by G-Tools ネオジーニスの遺伝子を受け継ぐアリサが、実父の体細胞クローンである死鬼(スー・グイ)と戦う話です。 文章にするとなんだか陳腐?(笑) やあ、スピード感がありますね。飛び道具より燕針や拳法をつかった肉弾戦の方が読んでいて楽しいで…

続きを読む

No-image

『つるつるの壺』町田康

つるつるの壺 (講談社文庫)町田 康講談社 2004-04by G-Tools すみません。また町田康のエッセイです。だって好きなんだから仕方ないじゃないですか。 この人の敏感なといいますか、神経質なところが面白いのですけど、世の中や身近な体験をずばっと斬りながらも、その刃がちゃんと自分にも向いているのが、そこら辺のエセ文化人とは一線を画するのです。 最近の、周囲に対する顧慮・配…

続きを読む

No-image

『ガラスの仮面(42)』美内すずえ

ガラスの仮面 (第42巻) (花とゆめCOMICS)美内 すずえ白泉社 2004-12-16by G-Tools やっと読めました。 内容は野暮になるので書きませんが、濃い世界は健在でした。 思った事だけ独り言。 さすがお嬢さまは言う事が違います。衆目の前で……。<紫織さん 古き良き少女漫画にも時代の波が押し寄せます。<携帯電話 男の嫉妬の炎がメラメラと。<速水社長&桜小路くん…

続きを読む

No-image

『くらやみの速さはどれくらい』 『ぶらんこ乗り』

全然興味がもてなかったり、「うわあ、生理的にだめだ」という本は数ページで読むのをやめるのですが、とりあえず最後まで読んだけどいまひとつ入り込めなかった、という本もあります。 特に師走など忙しい時にその手の本が増えるということは、単に集中して読めてないだけで、別の機会に読むと違うのかもしれないと思いつつ。

続きを読む

No-image

『奪取』真保裕一

やー、もう面白かったです。今更私が何を書くこともないのでしょうが、まあ簡単に。 偽札造りに魅せられた道朗たちが、ロマンを追い情熱を傾けて、ボコボコになりながらもやくざ相手に渡り合います。 テンポもいいし、ぐいぐい読ませますね。 今年は新券が発行されました。そこで一葉さんと英世さんを観察。う~ん、触ると今までよりインクが盛り上がっているのが解ります。国立印刷局のお札の紹介を見…

続きを読む

No-image

『十人十色「源氏」はおもしろい』瀬戸内寂聴

寂聴対談 十人十色「源氏」はおもしろい (小学館文庫)瀬戸内 寂聴小学館 1998-11by G-Tools 瀬戸内寂聴が源氏物語についていろんな人と対談、時に放談しています。 顔ぶれは丸谷才一・俵万智・清水好子・大庭みな子・秋山虔・氷室冴子・橋本治・五木寛之・久保田淳・八嶌正治・三島由紀夫・竹西寛子。 作家あり、歌人あり、国文学者ありですね。 登場人物では誰が好きか?  私…

続きを読む

No-image

『源氏物語と日本人』河合隼雄

源氏物語と日本人―紫マンダラ (講談社プラスアルファ文庫)河合 隼雄講談社 2003-10by G-Tools 臨床心理学者の河合隼雄が、独自の見地から『源氏物語』の全体にわたる構図を明らかにしていきます。 紫式部が自分の内面世界に住む多様で変化に富む女性の群像を見出した。その「世界」を記述するにあたって、彼女自身を中心とするのではなく、一人の男性を中心とするほうが適切に描ける、そう感…

続きを読む

No-image

『夜更けのエントロピー』ダン・シモンズ

夜更けのエントロピー (奇想コレクション)嶋田 洋一 河出書房新社 2003-11-23by G-Tools 七つの短編からなる、すこし不思議な物語のアンソロジーです。無秩序、不確かさから来る不安と死の影が全編を覆っていて、表題を『夜更けのエントロピー』にしたのも頷けます。 ぼくは母が大好きだった。その母の葬儀が終わって棺が地中に下ろされると、ぼくたち家族は家で母の帰りを待った。この一文で…

続きを読む

No-image

『永遠の出口』森絵都

永遠の出口森 絵都集英社 2003-03by G-Tools 「永遠」という響きにめっぽう弱い子供だった紀子の成長物語です。この「永遠」というのは「永遠に~できない」という恐れなのです。 すべてを見届け大事に記憶していきたいのに、年を経るにつれ、この世が取り返しのつかないものや零れ落ちたものばかりで溢れている事を知り、心に残せるものなどごく限られた一部にすぎないのだ、と世界の大きさを知…

続きを読む

No-image

『陰陽師 瘤取り晴明』夢枕獏

陰陽師 瘤取り晴明夢枕 獏文藝春秋 2001-10by G-Tools 「こぶ取りじいさん」を下敷きに、お馴染み陰陽師のシリーズをほのぼのとした絵物語に仕上げています。 薬師の双子の翁、右頬に瘤のある大成と、左頬に瘤のある中成が薬草を取りに山へ入る。夢中になるあまり道に迷った大成は鬼たちの宴に遭遇、ひもじさと恐ろしさから薬効のあるキノコを食べてトリップ、宴に乱入し踊り狂う。大喜びの鬼た…

続きを読む

No-image

『雪沼とその周辺』堀江敏幸

雪沼とその周辺堀江 敏幸新潮社 2003-11by G-Tools 普段生活していて目や耳にする事を、こんな風に小説にしてしまうなんて、物を書く人ってすごいですね。 山間の静かな町、雪沼を舞台にした連作短編集です。 ボウリング場や書道教室、中華料理屋を営む人びと、そしてサラリーマンなど、普通の人たちの日々とこだわり、それまでの人生を緩やかに細やかに描いています。 私たちが日常体…

続きを読む

No-image

『天国はまだ遠く』瀬尾まいこ

天国はまだ遠く瀬尾 まいこ新潮社 2004-06-23by G-Tools 八方ふさがりの主人公が、何もかも終りにしようと見知らぬ田舎の民宿で事に及ぶが失敗。民宿たむらの主人や田舎の時の流れに接していくうちに、生きていく気持ちが戻ってくる、という話。 右ストレートをお見舞いしたくなるような主人公なのですが、行き詰まっている時はこんなもんかなとも思います。他人から見れば「そんなこと」と思…

続きを読む

No-image

『月ノ石』トンマーゾ・ランドルフィ

月ノ石 (Modern & Classicシリーズ)Tommaso Landolfi 中山 エツコ 河出書房新社 2004-04by G-Tools 大学生のジョヴァンカルロは休暇で田舎の親戚宅にやってきた。もてなしの席の開け放たれた入り口の向こうから一人の女性が現れる。グルーという名のその女性のスカートからのぞいていたのは、先の割れた山羊のひづめだった。親戚一家の目には、人間の足にしか見え…

続きを読む

No-image

『実録・外道の条件』町田康

実録・外道の条件町田 康メディアファクトリー 2000-10by G-Tools スタッフ側の人間に対して敬語を使う無能編集者。 幼児性が強いマネジメント事務所の輩。 ボランティアを標榜して無報酬取材を強要する不遜の者達。 雑誌に載っているもの、最先端、という言葉を無自覚に信用して思考停止の雑誌編集者。 どこへ行っても外道ばかりの主人公が、何故その者達が外道なのかを深く掘り下げて…

続きを読む

No-image

『図書館の水脈』竹内真

図書館の水脈 (ダ・ヴィンチ・ブックス)竹内 真メディアファクトリー 2004-04by G-Tools 倒すべき父は既に他界し、探すべき母は実家で健在の売れない作家、甲町(45才)は『海辺のカフカ』に導かれ旅に出た。同じ物語を読んで四国にやって来た、ワタルとナズナのカップルと高松で巡り会う。 村上春樹トリビュートというあざとい本ではあるのですが、それを超えて、すべての物語に感謝をこめ…

続きを読む

No-image

『熊の敷石』堀江敏幸

熊の敷石 (講談社文庫)堀江 敏幸講談社 2004-02by G-Tools 熊の敷石/砂売りが通る/城址にて の三編を収録。 『熊の敷石』はフランスが舞台です。私とユダヤ人の友人ヤン、そして滞在先の家主の女性と盲目の息子。適度な距離をおきながら、相手と「なんとなく」という感覚で繋がる。その感覚の部分が文章を読み進めるうちに浮かび上がり、読み手にしっくりと馴染んできます。 小説…

続きを読む

No-image

『朽ちた樹々の枝の下で』真保裕一

朽ちた樹々の枝の下で (講談社文庫)真保 裕一講談社 1999-02by G-Tools 小説という虚構に現実を持ち込んではいかんと思いつつ、地元が舞台なので「うわーん地名のルビが間違ってる! おお、そこはよく通るよ」などと変な読み方をしてしまいました。 気がつくと事件は終息に向かっていたという……。 森林作業員の尾高は、自衛隊演習場近くの森で一人の女性を救出するが、彼女は謎を残した…

続きを読む

No-image

『アヒルと鴨のコインロッカー』伊坂幸太郎

アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)伊坂 幸太郎東京創元社 2003-11-20by G-Tools 『重力ピエロ』といい、この本といい、カバーがいいですね。 本棚に並んでいると嬉しくなります。 「一緒に本屋を襲わないか」 アパートの隣人である河崎に誘われて広辞苑を盗みに行く「僕」。「わたし」と彼氏のブータン人留学生ドルジが、ペット殺しの若者たちと遭遇する二年前。…

続きを読む

No-image

『いつか王子駅で』堀江敏幸

いつか王子駅で堀江 敏幸新潮社 2001-06by G-Tools うわ~、この本文庫化しないのでしょうか? 2001年発行の単行本なんですけど、文庫化の基準て何? 文庫本で持って歩きたいぐらい気に入ってしまいました。 都電荒川線の沿線に暮らす人々と「私」の日常を描いているのですが、特別何かがある、という訳ではありません。 紺青の昇り龍の刺青を持つ印章彫りの正吉、居酒屋「かお…

続きを読む