龍馬伝も観てます

NHK大河の『龍馬伝』も観ています。 久々にテレビっ子になった気分。 第3回まできました。ええとこれは毎週敵グループが出現するという解釈でいいですか。 第1回は上士、第2回は農民、第3回はチンピラ博徒。いや、弥太郎? 今のところは続けて観てもいいかなと。 で、主役の福山雅治の声が細いことと、龍馬は強い強いと言われながら、画面では全く強そうではないのが気になります。 剣術に関しては、道場の仲間やチンピラ博徒が「わーっ」と打ちかかるのをぶっとばしただけにしか見えません。物腰がへなっとしていて違和感。 細かいことにこだわるより、全体でドラマの良さを見たいと思いつつ、映像作品だからこそ音声と動きは大事なのではとも。強いというお約束で脳内補完しなければならないのはつらいです。 次週、江戸の道場の場面ではどうなるのでしょう。 これからよくなることに期待。 そういえば新年のドラマ『柳生武芸帖』では、反町隆史と速水もこみちの柳生兄弟の立ち回りが、ベテラン勢を前にしてかすんでしまったのを思い出します。 着物と洋服では姿勢や歩き方も違ってくるはず。 高橋英樹や松平健は、歩くときも殺陣のときも腰がぴたりと決まって、刀を抜くのも流れるような立ち回りも迫力があるのです。経験の違いだから比べるのは酷なんですけどね。 演技と身についた所作に歴然とした差があって、将来このレベルで時代劇なり歴史ドラマなりで立ち回りが出来る俳優で、しかも華のある人って存在するのかと心配になってしまいました。…

続きを読む

観てます坂の上の雲

なんだかんだでNHKドラマ『坂の上の雲』を観ています。 原作を読んでいない私からすれば十分面白いです。 昨日の第4回を見た人の「戦闘は勝利のはずなのに、ドラマでは味方がやられているようにしか見えない」という意見を見かけたけれど、実際の戦場にいる好古や真之視点だと、あんな風に見えるんじゃないかと私は思いました。 それにしても第3回から真之の部下の若いのに死亡フラグがたちまくりで笑ってしまいました。 とりあえず史観云々は脇にどけて、ドラマ自体を楽しみたいなあ。 阿部寛の好古がかっこええ。なぜか真之の軍服姿には全く萌えません。 スピンオフで秋山好古の大阪時代やフランス時代のドラマを作ってくれませんか。面白いエピソードがたくさんあるらしいので。「好古の青春」なんてどうですか。ベタですみません。

続きを読む

ドラマになるのか蒼穹の昴

ただいま読書は停滞中。トルストイ『戦争と平和』を亀の歩みで読んでいます。ふりーめいそんに入るぴええるに苦笑。これが日本の昔話だと、きつねに騙されて気がついたらおかしな格好で原っぱに取り残されていた村人的展開になりますね。 ところで『蒼穹の昴』がドラマになるのを今ごろ知りました。 清朝末期を描く「蒼穹の昴」が登場!(NHKオンライン) 中国でも放映されるようです。 ↓中国のサイトなので字が読めませんが画像がいっぱい。 http://ent.sina.com.cn/f/v/cqzm/index.shtml 西太后は田中裕子。「阿信」てNHK朝ドラのおしんですね。おしんの威力は侮れません。 あっ、うちのテレビだとNHK総合でしか見られないです…。 蒼穹の昴〈上〉作者: 浅田 次郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 1996/04メディア: 単行本

続きを読む

チャングムの誓い 第54話

第54話「我が道」 人を生かす道を邁進するチャングム。直線的な行動は最終回でも変わらず、事あるごとに人体を切りたがる彼女にちょっと笑いました。

続きを読む

チャングムの誓い 第53話

第53話「ふたつの愛」 愛を激白する男ふたりという濃い話でした。愛に苦悶し嫉妬に揺れる中宗の表情が可笑しくて悲しくて、私の視線は彼に釘付けです。

続きを読む

チャングムの誓い 第52話

第52話「誤解」 中宗には悪いですけど、彼がチャングムへの想いに悶えるのが可笑しくて、自分の恋心をママン(皇太后)に指摘されて初めて気づくというのもまた可笑しくて、私は横隔膜がひくひくしっぱなしでした。

続きを読む

チャングムの誓い 第51話

第51話「医術の心」 どんな病に対しても、どんな患者に対しても、真摯かつ献身的な態度のチャングム。それにネイウォンのみんなが心打たれて宗旨を変えるってのが、ご都合主義度が高いかなーと思う51話です。

続きを読む

チャングムの誓い 第50話

第50話「波紋」 チャングムが王の主治医になることへの周囲の反応は、身分制度や当時の社会通念としての男女の秩序、男性が主流で女性は周縁という、ジェンダーの問題が強調されてます。現代でもそういう風潮はありますけど、それを男女の問題だけに落とし込むのではなく、その人の属性によって生き方が制限されてしまわない、つまり社会的な抑圧を受けることがない世の中を作っていくことが肝要かなと思います。

続きを読む

チャングムの誓い 第49話

第49話「つかの間の和み」 中宗にとってチャングムはラッキーガールですよね。彼女が男なら自分担当の医務官に登用したいとまで言います。

続きを読む

チャングムの誓い 第48話

第48話「チェ一族の崩壊」 サスペンスドラマの犯人について誰かが言ってました。「いやー、女は捕まらないね」って。そのとおりです。

続きを読む

チャングムの誓い 第47話

第47話「口封じ」 すみませんでした。私が鬼畜でした。チェ一族は最初ヨンノを遠ざけただけなんですね。「消す」なんて前回言って悪かった。

続きを読む

チャングムの誓い 第46話

第46話「医局長の遺書」 ユン・マッケが元は奴婢だったんなら、ヨンノもですよね。彼女の身分へのこだわりはそこからくるのかー。今回ヨンノは大人気です。

続きを読む

チャングムの誓い 第45話

第45話「失明の危機」 チェ一族とオ・ギョモらは、皇后の命でチャングムが動いていたことを知ります。 王の病について皇后に報告するチャングム。しかし病名はわかりません。そこへユンスが「狐惑病」だと告げます。

続きを読む

チャングムの誓い 第44話

第44話「投獄」 誰に責任をなすりつけようか、いかにして主導権を握ろうか。そんな腐心に大変忙しい皆さんです。 ネシブの長官がチャングムのことを皇后に伝えたのは、チョンホの進言があったからなんですね。皇后はチェ一族やオ・ギョモを良く思っていないとか。 チャングムが連れて行かれた菜園では、チョンホと、傷寒症をくり返す患者を用意したチャンドクが待っていました。そこで王の病の真相究明にあたります。

続きを読む

チャングムの誓い 第43話

第43話「皇后の決断」 チェ女官長につっこまれたネシブの長官はシラを切りとおします。声を荒げる長官なんて初めてでは? 納まらないチェ女官長に対し、ユンスは「ネシブの役人に探りを入れては」と提案。 チェ女官長の「誤診」の言葉に反応して、それを打ち消すユンス。そしてパンスルは、チェ一族がチャングムにこだわる理由をオ・ギョモにただされ…と利害の一致していた者同士の歯車がかみ合わなくなっていく第43話です。

続きを読む

チャングムの誓い 第42話

第42話「王の病」 ヨリはチェ女官長とクミョンを前に計画を説明中。疑われることはないと自信たっぷりです。建物の外で聞いていた(←これ聞こえるの? 地獄耳だ)チャングムはすぐに手を打ちます。 まずヨンセンへの食事を止め、他の人の診断を仰ぐのです。

続きを読む

チャングムの誓い 第41話

第41話「ヨンセン懐妊」 チェ女官長は一度は治療を拒みます。しかしチャングムがクミョンを挑発するのを聞いて治療を受け入れるのです。「私は天に恥じることなどしていない」とチェ女官長。もう治ったんじゃないかという勢いです。鍼を手に逡巡するチャングム。ひとおもいに殺ってしまえるチャンス(←すまん)ですが無事に治療。彼女は医術を悪用して恨みを晴らすことはしないと心に誓ったのでした。

続きを読む

チャングムの誓い 第40話

第40話「疫病発生」 チャングムは一緒に働いてきた仲間に見捨てられたことが相当応えたようですね。自信をなくした彼女を励ますチョンホ様であります。

続きを読む

チャングムの誓い 第39話

第39話「ヨリの企み」 えええ~、チャングムに「深みを持て」と言ってたのは誰ですか。今回イクピルはずいぶん底の浅い人間に見えてしまいます。物事の一面しか見ず、チャングムを「追放処分にしましょう」「私の見込み違いでした」というイクピルのもの言いに、おいおいと思ってしまいました。

続きを読む

チャングムの誓い 第38話

第38話「丸薬の秘密」 怖い怖いと言いながら、ヨリ様の視線から表情からなめるようにヲチしていたんですけど、今回一番インパクトがあったのは、中宗の「しかし、愛いやつぢゃのう」というセリフでした。

続きを読む