No-image

『輝く断片』シオドア・スタージョン

輝く断片 (奇想コレクション)大森 望 河出書房新社 2005-06-11by G-Tools 八編収録の短編集。後半の作品の内容が濃いですね。 登場人物の物の考え方がやけに印象に残りました。彼らはあるきっかけによって、心の奥底にある劣等感や感受性が刺激され、平凡な日常から逸脱していきます。ほとんど強迫観念なんですが、現実味のある具体的で細かい描写のすき間から、悲痛な声がもれてくるようです…

続きを読む

No-image

『散りしかたみに』近藤史恵

散りしかたみに (角川文庫)近藤 史恵角川書店 2001-08by G-Tools 歌舞伎座での「本朝廿四孝」公演中、決まった場面で一枚の花びらが必ず舞う。出演している瀬川菊花は、弟子の小菊に今泉を連れてくるよう指示。誰が降らせる花なのかを探るうち、梨園で繰り広げられる恋と隠された事実が明らかになっていく。 探偵の今泉文吾と女形の瀬川小菊が登場するシリーズの一冊。後に出た『桜姫』を先に…

続きを読む

No-image

『流れる』幸田文

流れる 離婚を経験し、置屋の住込み女中となった梨花。名妓といわれる主人をはじめ、主人の娘で器量の良くない勝代、主人の姪で何事も腰が据わらない米子、芸妓の蔦次、染香、なな子ら主家にかかわる人間と、うつろう花柳界をありのままに見つめ、強い心で生きる彼女を描く。 とてもよかったです。 未知の場所に足を踏みいれる梨花は、おそれと尊敬をもって「くろうと」の世界を観察します。 主人の腰からく…

続きを読む

No-image

『ガーデン』近藤史恵

ガーデン (創元推理文庫)近藤 史恵東京創元社 2002-12by G-Tools カヤという女性が失踪。同居していた女子大生の真波の元には、カヤのものらしき指が入った小箱が送られてくる。マンションの隣人でもある探偵の今泉は、助手の山本君と捜索に乗り出すが次々と殺人が起きて…。 うわあ、少女漫画みたいだなあ。キャラクターもさることながら、語りがちょっとポエムか? と思わせるものがありま…

続きを読む

No-image

『桜姫』近藤史恵

桜姫 (文芸シリーズ)近藤 史恵角川書店 2002-01by G-Tools 歌舞伎役者の娘である笙子は、若手勉強会の舞台「桜姫東文章」に招待され、桜姫を演じた銀京と出会う。銀京は幼くして死んだ笙子の兄の音也とは友人で、その死に疑問をもっているという。実は笙子自身も疑いを持っていた。妾腹で兄の死後引き取られたはずの自分が、兄の首を締める夢を何度も見るのだ。自分が兄を殺したのではないか…。 …

続きを読む

No-image

『さいはての二人』鷺沢萠

さいはての二人 (角川文庫)鷺沢 萠角川書店 2005-04-23by G-Tools 「さいはての二人」 アメリカ兵と日本人との間に生まれた美亜は、バイト先の常連客である朴さんに懐かしさ、近しさを感じ惹かれていく。 「約束」 いつか自分は変わるのだ、と故郷を逃げ出し上京した行雄は、アパート隣室の小さな女の子サキと出会う。 「遮断機」 OLの笑子は、夜の踏切の向こう側に、かつて幼い自分と…

続きを読む

No-image

『賢者はベンチで思索する』近藤史恵

賢者はベンチで思索する近藤 史恵文藝春秋 2005-05-26by G-Tools 21歳の七瀬久里子は、専門学校を卒業後、就職できずにファミレスでバイトをしている。ファミレスでいつも同じ席に座る国枝老人は、惚け気味との噂もあるが、公園で出会う時にはしゃきっとして別人のようだ。そんな二人が身辺で起こる謎を解決していく。 あれもイヤこれもイヤと就職できない久里子や、二浪で半引き篭もり状態…

続きを読む

No-image

『ちぎれ雲』幸田文

ちぎれ雲 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)幸田 文講談社 1993-02by G-Tools 慶応三年(1867)に生まれ昭和二十二年に八十歳で没した父、幸田露伴の最期の様子や生前を回想した随筆集。 娘である著者は幼い頃に生母を亡くし、十六歳からは炊事一切を任され、また一度嫁ぐも離婚して再び父と暮らしています。気難しくわがままな露伴との暮らしは衝突もありますが、文章からは父への尊…

続きを読む

No-image

『ユージニア』恩田陸

ユージニア恩田 陸角川書店 2005-02-03by G-Tools 過去に起こった十七名死亡の大量毒殺事件が、複数の人間の視点で語られます。 私はこの本えらく怖かったのですけど、直接の事件が怖いわけではないんです。 以下、内容に触れるので未読の方は注意です。

続きを読む

No-image

『そして今はだれも』青井夏海

そして今はだれも青井 夏海双葉社 2005-09by G-Tools 名門学園の新任教師である笑子は、生徒から妙な噂を聞かされる。学園には女子生徒の弱みを握って相手を強請る謎の教師“X”がおり、追いつめられ自主退学に至った者が複数いるという。女子生徒たちはその教師に家庭教師として個人指導を受けていたらしい。笑子と生徒たちは真相究明に乗り出すが…。 無難にまとまったミステリ、といったとこ…

続きを読む

No-image

『包む』幸田文

包む (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)幸田 文講談社 1994-05by G-Tools 父である幸田露伴との思い出や、市井の人たちの姿をありのままにとらえたエッセイです。 なかでも表題作「包む」にある、将棋の小野五平の話が好きだなあ。 九十歳近くになった小野五平が露伴を訪ねて来ました。 巨大な包みを持った若い女中さんがお供で、包みの中身は大量のパンだといいます。訪問にあたっ…

続きを読む

No-image

『DIVE!! 1~4巻』森絵都

青春だなあ、スポ根だなあ。これも児童書。 おっとりした中学生の坂井知季、高校生実力者の富士谷要一、津軽の海で育った高校生の沖津飛沫。彼らが目指すのはオリンピックです。日本ではまだマイナーな水泳の飛込み競技なんですが、アメリカ帰りの指導者である麻木夏陽子がやってきた日から、俄然夢は現実味を帯びはじめます。 話は定番といえば定番ですけど、「飛込み」を題材に持ってきたことに新味がありますね…

続きを読む

No-image

『狐笛のかなた』上橋菜穂子

狐笛のかなた上橋 菜穂子理論社 2003-11by G-Tools この世とカミガミの住まう世の境目に、霊力のある獣たちが暮らす深い森<あわい>があった。そこで生まれた狐の「野火」は、人間の使い魔として生きていた。命令で人を襲い傷ついた野火は、思いを感じ取る<聞き耳>の力を持った小夜に助けられる。逃げる小夜と野火を更に救ったのは、森陰屋敷に幽閉されている少年・小春丸だった。 やがて彼らは、…

続きを読む

No-image

『魔王』伊坂幸太郎

魔王伊坂 幸太郎講談社 2005-10-20by G-Tools 考察することが好きな安藤は、ある日自分の力に気づく。それは自分の思っていることを相手に喋らせる能力だった。普段から世の中の動きに敏感だった彼は、その力で政治家と対決する。「魔王」 「魔王」から五年後、安藤の弟、潤也と妻の詩織は仙台に住んでいた。潤也にはじゃんけんに負けないことに代表される一種のツキがある。一方、世間では憲…

続きを読む

No-image

『更級日記』

更級日記―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)原岡 文子 角川書店 2003-12by G-Tools 日記文学ということでドメスティックな内容かと思いきや、ちょっと違いました。 著者は菅原道真の嫡流、五世の末裔である菅原考標の娘。 内容は上総介の任期を終えた父に伴われて上京した13歳から、夫と死別し侘しい生活をおくる52歳ごろまでの回想録になっています。 が、例えば結婚や出産といっ…

続きを読む

No-image

『田辺聖子の古事記』田辺聖子

田辺聖子の古事記 (集英社文庫―わたしの古典)田辺 聖子集英社 1996-10by G-Tools 田辺聖子版『古事記』です。 伊耶那岐命(イザナキノミコト)、伊耶那美命(イザナミノミコト)の「国生み」。 須佐之男命(スサノオノミコト)の「八俣の大蛇」退治。 倭建命(ヤマトタケルノミコト)が戦い、大和を目前にしてたおれ、故郷をしのんで歌い、その魂が白鳥となって空の彼方へ消えてゆく。…

続きを読む

No-image

『陰陽師 太極ノ巻』夢枕獏

陰陽師 (太極ノ巻)夢枕 獏文芸春秋 2003-04by G-Tools 漫画を読んだ方にしかわからない話で恐縮ですが、わたくし、ファラオの呪いから逃れるために、もう一度小説を最初から読んでしまいました。 陰陽師、飛天ノ巻、付喪神ノ巻、鳳凰ノ巻、龍笛ノ巻、そしてこの太極ノ巻。 相変わらず晴明邸の簀子に座して酒を飲む二人です。 著者自身があとがきで「マンネリをおそれない」と書いている…

続きを読む

No-image

『風車祭(カジマヤー)』池上永一

風車祭(カジマヤー) (文春文庫)池上 永一文藝春秋 2001-08by G-Tools 沖縄の石垣島を舞台にした物語。 226年間も島を彷徨っているマブイ、ピシャーマに出会い恋をした少年武志。 長生きに執念を燃やし、97歳の生年祝いである風車祭(カジマヤー)を迎えるためには手段を選ばないオバァ、フジ。 しかし彼らの賑やかな日常と、信仰を忘れた島には危機が迫っていた。 うーん、最…

続きを読む

No-image

『陰陽師 (13)』岡野玲子

陰陽師 (13) (Jets comics)岡野 玲子白泉社 2005-09-29by G-Tools 終わった…。長かった…。 そしてどうあってもエジプトなのですね? ストーリーなど、あってなきがごときです。伏線の回収なのか、こじつけなのか、広げに広げた神秘の大風呂敷を無理やり畳んでみました、というような最終巻でした。 え? 全然解りませんか? 私もよく解っていないので当然です…

続きを読む

No-image

『あたしのマブイ見ませんでしたか』池上永一

あたしのマブイ見ませんでしたか (角川文庫)池上 永一角川書店 2002-04by G-Tools 歓楽街の一角にある社での神隠し、自分の前世を探す中学生、季節ごとに違う花を咲かせる一本の木、そんな都市伝説を八つ収録した短編集です。 コミカルな話や詩的な話、うーん、これで終りなの? なんて話もありますけど、「復活、へび女」が一番面白かったかな。 夜ごと添い寝をしていく彼女の正体を…

続きを読む