No-image

『天と地の守り人 第一部』上橋菜穂子

天と地の守り人〈第1部〉 (偕成社ワンダーランド)上橋 菜穂子偕成社 2006-11by G-Tools 守り人シリーズ最終章三部作の一冊。 行方も生死も不明なチャグムを捜しに、バルサはロタ王国へと向かいます。 前作までの話では、チャグムはロタ王国やカンバル王国と同盟してタルシュ帝国に対抗するという希望を抱いて旅立ちました。 この第一部では、新ヨゴ皇国はチャグム皇太子逝去と第二皇子…

続きを読む

No-image

『きつねのはなし』森見登美彦

きつねのはなし森見 登美彦新潮社 2006-10-28by G-Tools 妄想青春小説『太陽の塔』では、夜のまちを走り抜けていく電車など、郷愁と感傷を感じさせる幻想的なイメージがうまく使われていました。 で、期待してこの本を読んだのですけど、私には合わなかったようです。 「きつねのはなし」「果実の中の龍」「魔」「水神」の四つの話は、どれも京都が舞台で語り手は男子学生。いくつかのキー…

続きを読む

No-image

『グノーシスの薔薇』ほか

えらいめにあいました。今流行の感染性胃腸炎になって寝込んでました。 予防のためには帰宅後食前の手洗いを奨励します。いやほんとうに。 発熱しながらも本は読んでいたのでメモしておきます。 デヴィッド・マドセン『グノーシスの薔薇』 グノーシスという異端の信仰をもちながら、ローマ教皇レオ十世に仕えた小人の回想録です。 エログロスカトロ満載。 信仰の部分は私の知識でどうこう言うには大変…

続きを読む

No-image

『白狐魔記 戦国の雲』斉藤洋

白狐魔記 戦国の雲 (白狐魔記)斉藤 洋偕成社 2006-07by G-Tools 人に興味をもった狐が、白駒山の仙人の弟子となって化身の術を身につけ、時代をこえて人間の営みを見つめ続けるシリーズの最新刊です。 『源平の風』『蒙古の波』『洛中の火』そして『戦国の雲』。源義経、楠木正成らに出会ってきた白狐魔丸、今回は織田信長と出会い、一向一揆や本能寺の変に立ち会います。 このシリーズ、…

続きを読む

No-image

『多肉植物―ユニークな形と色を楽しむ』

多肉植物―ユニークな形と色を楽しむ (NHK趣味の園芸ガーデニング21)日本放送出版協会 2001-11by G-Tools 寒くなってきたので、多肉をいじる楽しみは春までおあずけです。暖かくなったらまた多肉を増やしたいなー、というわけで写真集や図鑑を眺める今日この頃です。 先日読んだ『多肉植物写真集』は、なじみのあるものから珍しいものまで、様々な写真が中心の本でした。 こちらの本は…

続きを読む

No-image

『夜をゆく飛行機』角田光代

夜をゆく飛行機角田 光代中央公論新社 2006-07by G-Tools 父と母、長女・有子、次女・寿子、三女・素子、そして私・里々子。酒屋を営む谷島一家は、寿子が家族の日常を書いた小説で文学賞をとったことをきっかけに、変わっていきます。 たとえば家族の誰かが結婚したり、進学や就職で家を出たり、祖父母が亡くなったり。変わりゆく家族の形を意識するときってあると思うのです。 谷島家でも寿…

続きを読む

No-image

『ティンブクトゥ』ポール・オースター

ティンブクトゥ柴田 元幸 新潮社 2006-09-28by G-Tools 放浪癖のある詩人のウィリーと、相棒のミスター・ボーンズ。際限なく語りかけるウィリーに寄り添う犬のボーンズは、喋ることはできないけれど人語を解すようになっていた。旅の地でウィリーに先立たれたボーンズは、ウィリーの記憶と夢を頼りに行く先を模索する…というようなお話です。 うーん、イカレたウィリーのお喋りの内容があん…

続きを読む

No-image

『夢幻巡礼』西澤保彦

夢幻巡礼 (講談社文庫)西澤 保彦講談社 2004-10by G-Tools 超能力絡みの謎を解くチョーモンインシリーズの一冊。やがて神麻嗣子の敵となる存在について書かれた番外編です。 鬼畜オーラを発散しまくりの、むちゃくちゃ黒い話でした。セクシュアルなものへの不安とかグロテスクな願望がうっかり出てしまった、みたいな感じがキツイです。こんな恐ろしい人たちが敵になるのか…。 能解(…

続きを読む

No-image

『グラックの卵』ハーヴェイ・ジェイコブズ他

グラックの卵 (未来の文学)Harvey Jacobs 浅倉 久志 国書刊行会 2006-09by G-Tools 1940~60年代に発表された、英米のバカSFのアンソロジーです。 正直、期待したほどは笑えませんでした。 ジョン・スラデック「マスタースンと社員たち」に至っては、いわんとすることはわかるんですが、編者があとがきで触れている“いろいろな手法や言葉遊びを駆使して語られる”細部…

続きを読む

No-image

『四十一炮』莫言

落とし(屠殺)の村に生まれ育った小通が語る自分の一代記です。とは言っても彼は今20歳前後。身の上話をしている現在と、彼が10歳だった1990年頃の出来事が交互に書かれています。 小通が5歳の頃、父親は肉料理の名手である居酒屋の女将と駆け落ち。それから5年間、母親は廃品回収で金を稼ぎ倹約して立派な家を建てます。しかし小通は家なんかよりもただただ肉を喰らいたかったのです。 そんな…

続きを読む

No-image

『多肉植物写真集』国際多肉植物協会

多肉植物写真集国際多肉植物協会 河出書房新社 2004-03-12by G-Tools 本の中には、めくるめくニクの世界が広がっていました。 植物が好きです。最近は多肉植物に関心があります。で、花屋やホームセンターをぶらぶら見て気に入ったのを買うのですけど、名前が書かれていないのも結構あるんですよね。多肉は種類も多いし、似ているものの区別もつきにくいので、ちゃんと表示してほしいなー。 …

続きを読む

No-image

『白檀の刑』莫言

大足で犬肉小町とよばれる美女の眉娘は嘆きます。父親が舅によって処刑されようとしているのです。 清朝末期、ドイツは山東省を租借地として膠済鉄道を敷設します。民衆を組織し、ドイツに抵抗した眉娘の父親・孫丙は捕らえられ処刑されることに。眉娘は県知事の銭丁に父親の命乞いをしますが、実はこの二人はいわゆる不倫関係なのでありました。 孫丙を処刑するのは刑部大堂の首席処刑人であった趙甲。眉娘の亭主…

続きを読む

No-image

『七回死んだ男』西澤保彦

七回死んだ男 (講談社文庫)西澤 保彦講談社 1998-10by G-Tools 同じ日が何度もくり返される「反復落とし穴」。十六歳の久太郎は、予期せずその世界にはまりこむ体質の持ち主。しかし一日が反復される回数には規則性があり、起こるはずだった現実を変更するのも可能です。 そんな久太郎の祖父が殺される事件が発生。時間ループにはまり込んだ彼は祖父を救おうと奮闘するが…という話です。 …

続きを読む

No-image

『クリスマス・プレゼント』ジェフリー・ディーヴァー

クリスマス・プレゼント (文春文庫)Jeffery Deaver 池田 真紀子 文藝春秋 2005-12by G-Tools 16編収録の短編集です。 表題作の「クリスマス・プレゼント」は、長編シリーズのリンカーン・ライムが登場する話です。短編になっても捻りがたんと入っておりました。すごいすごい。 あと好みなのは「ノクターン」。小説内を支配する価値観が逆転していくのが小気味よく、殺す殺さ…

続きを読む

No-image

『念力密室!』西澤保彦

念力密室!―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)西澤 保彦講談社 2004-04by G-Tools チョーモンインシリーズの一冊。 超能力によって作られた密室をテーマにした連作短編集です。 どうやって密室状態にしたのかを解くのではなく、なんで超能力で密室にせねばならなかったのかを解くわけです。軽快に読めて楽しめました。 ミステリー作家の保科の部屋に、本人が知らないうちに神麻さん…

続きを読む

No-image

『ねむりねずみ』近藤史恵

ねむりねずみ (創元推理文庫)近藤 史恵東京創元社 2000-11by G-Tools 『二人道成寺』に続いて歌舞伎シリーズです。というかこちらが先ですね。ここから瀬川小菊と今泉文吾のコンビが始まります。 言葉を忘れていく症状に苦しむ女形役者・中村銀弥とその妻・一子。二ヶ月前に劇場内で起きた殺人事件。この二つの話に歌舞伎の演目が重なっていきます。 でねー、謎解きがこじつけめいているの…

続きを読む

No-image

『二人道成寺』近藤史恵

二人道成寺 (本格ミステリ・マスターズ)近藤 史恵文藝春秋 2004-03-24by G-Tools 探偵の今泉文吾が登場する歌舞伎シリーズの一冊。 女形役者である岩井芙蓉の妻・美咲は、三ヶ月前の自宅の火事による火傷と一酸化炭素中毒で、いまも昏睡状態です。火事の原因は不明。文吾は役者の中村国蔵から「火事には不審なところがある」と調査を依頼されます。しかし国蔵は、梨園では芙蓉と犬猿の仲と噂さ…

続きを読む

No-image

『邪魅の雫』京極夏彦

邪魅の雫 (講談社ノベルス)京極 夏彦講談社 2006-09-27by G-Tools 複数の毒殺事件の繋がりは? 榎木津の縁談の陰で起きる不穏な出来事との関係は? という話です。榎さんの意外な横顔と、なんだかまっとうな関口を堪能いたしました。 自分の認識している世界は他人の認識している世界と同一ではなく、個々が見たものを異なった世間として理解している、とか、社会と世間に関する話は面白…

続きを読む

No-image

『回送電車』堀江敏幸、『猫にかまけて』町田康

もうすぐ京極堂シリーズの最新刊が出ますね。大極宮経由で京極夏彦の朗読付きの映像(MouRa)を観ました。声がすてきだ…。私のために『邪魅の雫』全文を朗読してもらいたいです。 あとは読了本を簡単にメモ。 堀江敏幸の『回送電車』は散文集です。回送電車がダイヤのすきまをすり抜けるように、エッセイや小説、批評のあいだを往き来するような文章がいいです。 回送といえば以前に仕事の帰りにバスで眠…

続きを読む

No-image

『おとうと』幸田文

不良少年でやがて結核により若くして亡くなる弟と、彼を見守りつづけた姉、げん。作家の父親、病もちで家事はげんに任せきりの継母という家庭環境を見ても、著者自身の経験が下敷きになっている小説かなと思います。 幸田文の文章には、胸の内を切り開いていくような、彫刻のように感情のかたちをほり、刻んでいくような、そんな特徴があります。 自身の経験が元にあるといっても、「あたしがどうしたこうした」という…

続きを読む