過去を振り返る

あけましておめでとうございます。
カテゴリが1年飛んでいるような気がしますが、昨年の読書を振り返ることにしましょう。


メモをめくると山田稔、多和田葉子に惹かれ、安部公房の再読を始めています。
山田稔の「どこにも力みが感ぜられず、読むうちにこちらの力みも揉みしだかれる」と小沼丹の文章を評しているのに触発されて未知谷の『小沼丹全集』を読了。
小沼丹全集〈第1巻〉

補巻を入れて全五巻。大寺さんものと随筆が特に好きです。追憶に追憶が重なって、時系列を無視して記憶のなかを漂ったり、庭の木や小鳥、知人についての話など、なにげない短い散文に心がほぐれます。


翻訳物ではメルヴィル『白鯨』が叙事詩風といいますか神話っぽくて楽しめました。
そして年末年始に読んだばかりのナボコフ『ロシア文学講義』と『ヨーロッパ文学講義』が面白いです。ナボコフが小説のどこに重きを置くのかがびしびしと伝わってきます。細部と構造、文体について熱く語り、トルストイを絶賛してドストエフスキーを否定するナボコフですが、彼の評価には明確な基準があるから偏りがあっても面白いです。
『ヨーロッパ文学講義』は今月河出文庫で『ナボコフの文学講義』上下巻として出ます。
ナボコフの文学講義 上 (河出文庫)ナボコフの文学講義 下 (河出文庫)


2012年のベストはなんといってもゼーバルト『アウステルリッツ』でしょう。
時間などというものはない、あるのはたださまざまなより高い立体幾何学にもとづいてたがいに入れ子になった空間だけだ、そして生者と死者とは、そのときどきの思いのありようにしたがって、そこを出たり入ったりできるのだ

建築史家アウステルリッツの出自を尋ねる旅と背景となるヨーロッパの歴史が建築物に寄せて語られます。
静かな佇まいの語りだけれど、迫害と破壊(ホロコースト)、個人の胸に湧く近しい人との過去の記憶が、巨大な建造物や廃墟の中にいつまでも反響しているように思えました。
素晴らしかったのでゼーバルト・コレクションを全て読もうと心に決めましたよ。
改訳 アウステルリッツ (ゼーバルト・コレクション)

さ、今年はどんな本に出会えるでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311107334

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック