チャングムの誓い 第47話

第47話「口封じ」

すみませんでした。私が鬼畜でした。チェ一族は最初ヨンノを遠ざけただけなんですね。「消す」なんて前回言って悪かった。

チャングムはヨンノに「協力するから私を守って」と、取り引きを持ちかけられて断ります。その後、今度はチェ女官長がやってきます。ミョンイの墓の前で、土下座したから許せと女官長。役所へ行き罪を公表して責任をとれとチャングム。既得権を手放さず、利益を価値観の中心に据えているふたりと、チャングムが和解できるはずもないですね。

ヨンノは役所へ行く途中でチェ一族に連れ戻され、オ・ギョモの約定も奪われます。怒り狂うパンスルと女官長は、ヨンノにオ・ギョモを告発させるのです。科挙で不正を働き合格させた者に公金横領の片棒を担がせたと。
チャングムはオ・ギョモ告発と聞いて、ヨンノがチェ一族に害される危険をチョンホに訴えます。その通りヨンノは殺された模様です。うーん、これは死んでるのかな。死なないような気がしていたので、ちょっとびっくり。

チェ女官長は皇太后にオ・ギョモの悪事を吹き込みます。アヒル事件の黒幕はオ・ギョモで、チャングムが医局長の遺書を持っていること。東宮の後ろ盾にオ・ギョモは相応しくないこと。遺書が皇后の手に渡れば…などなど。皇太后は東宮を溺愛していて、男子のいる皇后の力が強まるのは困るのです。そこをつつく女官長。
さらにヨンノに情けをかけるクミョンにも「火種を一切残すな」と言い含めます。ユン尚宮を殺したのはクミョンを守るためだと。全てを知るヨンノがいなければ、たとえ遺書があって自分とパンスルが捕らえられても、クミョンは無関係でいられるからです。ユンスは当時のクミョンを知らないのです。
生き延びて一族の後を継ぐ者を育て、再び一族を起こせと言う女官長。
チェ女官長は過去に太皇太后に毒を盛る仕事を一族によってさせられ、目撃したミョンイを殺す苦しみを味わっています。その苦しみの元である「一族」を再びクミョンに背負わせてしまうのですね。悪習を断ち切るのは並大抵のことではないと思うけど、寂しい選択だなあ。

ヨンセンは王に遺書の存在を告げます。王から命じられたネシブの長官と、皇太后の両者に遺書の提出を求められたチャングム。遺書はなく、事実を皇后に話すことになります。

チェ女官長はヨリを使い、偽の遺書を役所に届けさせました。驚くチャングムは、チョンホと一緒に前女官長のもとへと向かいます。いろいろ動いてるのね。
遺書には「アヒル事件は全部オ・ギョモの指示だ」と書いてあり、オ・ギョモは連行されて取調べを受けます。オ・ギョモはこの時点で科挙の不正の件で免職になっているんですが態度がデカい。同席するヨリを勝手に尋問。さらにチェ女官長の過去と、女官長がハン尚宮をアヒル事件によって謀反人に仕立てた経緯も開陳。このおじさんはすごいですね。余裕すら感じるなめらかな弁舌に、私は不覚にも惚れそうになりました。
そこへネシブの長官が登場。硫黄アヒル事件の関係者を集めて尋問を行うと王命を告げたのでした。

当時のスラッカンからは、チェ女官長とクミョンとミン尚宮。ネイウォンからは医女長とピソン、オブザーバーにウンベク。そしてオ・ギョモとヨリ。ネシブの長官も立ち会います。
遺書にはチョ・グァンジョ事件と硫黄アヒル事件の関わりと、全てがオ・ギョモの指示であることが記されていました。オ・ギョモは全てはチェ女官長の仕組んだことだと反論。チェ女官長は自身の潔白について熱弁をふるいます。
と、そこへ入ってきた人物を見て一同は驚愕。自害したはずのユンスでありました。

チャングムがチェ一族に謝罪のための「時間をやる」と言ったのは、ユンスの心が決まるのを待っていたのかな。取り引きしたら意味がないですもんね。
あと、オ・ギョモは倭国の役人と密貿易の協定を結んでおり、直筆の協定書があるらしい。これが次回みつかるのかなーという感じでしょうか。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック