チャングムの誓い 第44話

第44話「投獄」

誰に責任をなすりつけようか、いかにして主導権を握ろうか。そんな腐心に大変忙しい皆さんです。

ネシブの長官がチャングムのことを皇后に伝えたのは、チョンホの進言があったからなんですね。皇后はチェ一族やオ・ギョモを良く思っていないとか。
チャングムが連れて行かれた菜園では、チョンホと、傷寒症をくり返す患者を用意したチャンドクが待っていました。そこで王の病の真相究明にあたります。

もめる宮中では、ウンベクとイクピルも王を脈診し、ユンスと同じ診断を下します。表向き誤診の疑いは消え、料理への疑いが濃厚になります。ネシブがスラッカンを調査した結果、クミョンの薬味入れからワライタケを検出。チェ一族秘伝の薬味に毒キノコのワライタケが。んなわけない、マツタケですよ、と秘伝をバラしながらチェ女官長は頑張りますが、入っていたもんはしょうがない。クミョンはネシブにより拘束されます。時を同じくして調査されたパンスルの屋敷からは、高価な倭国のコショウ(唐辛子のことかな?)が発見されています。

菜園では鍼を打った患者の一部に異常がでます。打ったあとが腫れて赤くなり膿がでる。王の日誌にも、トゲが刺さった部位や小さな傷が赤く腫れて膿んだと記述があります。チャングムはシンビに調査を依頼。王殿の担当だったウンビによると「王は皮膚の病が多い」とか。ユンスはこのやりとりを後ろで聞いて、こっそり調べています。

焦るパンスルはオ・ギョモに皇太后を動かせる人物に会うよう説得。しかしオ・ギョモは前のパク・ヨンシン女官長に抱きこまれます。前女官長は、自分を追い出したチェ女官長を追い出し返り咲きたい。そのために前女官長の恩を受けたヨリが動いていたのです。ワライタケを仕込んだのもヨリ。チェ一族から得た薬剤権も、オ・ギョモを味方につける道具となったのでした。利益で動く者は、より大きな利益に動きます。
ヨリはユンスにも自分の正体を伝え、王の病の解明に専念させるのです。
鬼畜も恩返しもヨリ様のもつ一面なのかな。もう彼女の活躍(?)はないのでしょうか。

王と患者に共通する病状は、口内炎、しこりのような赤い発疹、皮膚が敏感で鼠蹊部に異常があり、ひどい場合腸に穴があき、視力が落ちるというものです。
正確な病名はわからないながらも、薬の処方のめどがついたチャングム。
チェ女官長、クミョン、パンスルは、オ・ギョモの後ろ盾を失い投獄されます。それをチョンホから聞いたチャングムは、再び悩むことになります。今、誤診の事実を公表すると三人は放免されます。黙っていれば三人は破滅。

チャングムは牢でチェ女官長とクミョンに対面。今までの罪を償うことを迫ります。しかし二人は罠をかけたのがチャングムだと思い、聞く耳をもたないのでした。
いやー、チェ女官長とクミョンの芝居は昼ドラみたいでいいなあ。
「お前に私たちを倒すことはできない、絶対に~~~!」
と、格子を握りしめるチェ女官長。この人は最後のひとりになっても戦い抜くんでしょうね。自分の友を死に追いやることで、チェ一族としての一歩を踏み出した彼女は、今まで築いてきたものが全てで、それを否定することなどできないでしょう。多分。富と権力で周囲を掌握すれば、逆らう者もいなくなり、最初のような思いをしなくてすむという思いもあるのかな。
クミョンは「死んでもチャングムに許しをこうことはない」と言い切ります。
「許しをこう人がいるとしたら、それはあのお方だけ」
って、んー、結局それですか。

チャングムはハン尚宮の無念を晴らすためにも、事実を公表をせねばと思うのです。しかし心の葛藤がある。
前女官長はチェ一族を告発できる証拠を、パク・プギョムに手渡します。

チェ一族の三人は厳しい取調べを受けていますが、身に覚えがないので否認するのみです。そこへチョンホとチャングムが登場し、皇后による三人の釈放命令を伝えます。
「料理には何の問題もございません。誤診でございます」


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック