チャングムの誓い 第40話

第40話「疫病発生」

チャングムは一緒に働いてきた仲間に見捨てられたことが相当応えたようですね。自信をなくした彼女を励ますチョンホ様であります。一方残された村人の怒りは役人のチョンホに向けられます。薬がないことを知るや彼をボコボコに。チャングムはチョンホに薬を手に入れてもらおうと村人を説得、彼を外に送り出します。しかしチョンホが到着した薬房には既に誰もおらず、彼はチャングムが自分を逃がしたのだと気づくのです。

チャングムにも疫病の症状があらわれます。村人はそれを見て、村に来た時にすでに罹患していたのではと疑いをかけ、チョンホが戻らないことにも腹を立てて彼女を小屋に閉じ込めます。そこへ火の手が上がる。煙で気が遠くなるチャングムは、母とハン尚宮の死に際を回想し走馬灯状態です。
さ、いよいよ第一の山場です。馬で駆けつけたチョンホ様は炎の中を走り回ってチャングムを発見し、お姫様抱っこで救助。「チャングムさんしっかり!」と半泣きです。目覚めるチャングム。
「怖かったです、二度とお会いできないと思って」
「私が戻らないはずがないでしょう。自分より私を大切に思い、危険から逃がそうとしたあなたをひとり残して、逃げたりするはずがないでしょう」
と、互いの思いに感激するふたりはガシッと抱き合ったのでした。
なんか私が書くと頭悪そうでけど、非常に盛り上がる感動の場面なんですよ。

絶望感漂う村人たちのもとに戻るふたり。薬ともうひとりの医女が来たと告げるチョンホ。誰? と思ったらチャンドクでした。やるなチョンホ様。
治療を開始したチャンドクとチャングムは疫病に疑問を持ちます。伝染しないのではないかと。母乳による母子感染が認められず、一家全員が発病した例もない。そこで調査を開始します。

チョンホとチャングムが消えて半月が経過した宮中では、処分が取り沙汰されます。また、企みが成功したと思うヨリはクミョンに「パンスルの薬剤権の権利をいただく」と望みを伝え、さらにチェ女官長とも会うのです。
医女長程度なら自分の力でなれるわい、とふてぶてしいヨリ様でした。

チャングムは村人が畑で野菜を燃やすのに出くわします。作物に病気が発生し広がりを見せているとか。しかし食べるものがないため、よさそうなのは食べていると聞き、疫病ではなく食中毒を疑います。そこで薬の処方を変え、生姜と葛とおけらの根の煎じ薬も飲ませたところ、患者は快方に向かいます。
作業が辛そうなチャングムを見て「それもこれも全部私がやります」とうきうきするチョンホ様。相思相愛、彼女のハートは僕のもの、ですもんね。

病気の作物は宮中にも納められていることを知ったチョンホとチャングムは宮中に戻ります。免職だーと言われながらも病の原因は食中毒であると報告。
クミョンからそれを聞いたチェ女官長は「でたらめなことを」と鼻息も荒い。チャングムとチョンホが一緒に戻ったのにも「ふたりは何をしていたのやら」と発言。いいよいいよーチェ女官長。「こうなったら私が出て行かなくては」というお言葉に私の期待も高まります。今話の大トリですから。
そうは言われてもクミョンは女官に野菜を調べさせていましたね。女官用の野菜に傷んだ物があるらしい。

会議ではウンベクとイクピルも食中毒説に積極的。二人は他の疫病地域を見ています。しかしチェ女官長は「野菜を食べて病気になるなど見たこともない」と粘ります。チョンホは「ご自分で確かめてごらんになっては?」と意地悪発言。「いいでしょう。食べてみましょう」とチェ女官長。
もうね、このへんから私には笑いのジャブが効きはじめてますよ。チャングムを追い出すのだ、というチェ女官長の意地を感じます。素敵です。

皆が見守るなか「カリッ」と大根をかじる、男前なチェ女官長に惚れました。

女官長発病。
「症状が出た」と聞いたネシブ長官の顔は、なぜそんなに嬉しそうなのか。
そして女官長の治療にやってきたのは……チャングムです。

後半は全てチェ女官長が輝くために用意されたのではあるまいか、などと思った私です。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック