『歪み真珠』山尾悠子 ほか


歪み真珠

歪み真珠

  • 作者: 山尾 悠子
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: 単行本




山尾悠子を読むのはこれで二冊目です。
以前に読んだ『ラピスラズリ』は小説世界を把握するのに時間がかかったけれど、最後におおっ! という情景にたどりつきます。
『歪み真珠は』15の掌篇を集めたもので、その中の「ドロテアの首と銀の皿」は『ラピスラズリ』の冬眠者に連なる話でした。
山尾悠子の作品は、言葉で組み上げた人工の美の世界だなあと思えます。強く吹きつける風や流れ去る雲、刻々と変化する野の景色も絵画の中に存在するようです。もちろん色彩や動きが感じられるわけですが、同時に静けさもあるのです。
会話が途切れた一瞬の静寂を「天使が通った」なんて言いますね。その感覚に近いです。
ときどき滲み出るユーモアはいいなあ。男前の聖アントワーヌがどんな誘惑を? とまわりが妄想を逞しゅうする気持ちはわからないでもないです。


ほかにはヴィクトル・ペレーヴィンの『宇宙飛行士オモン・ラー』がよかったので、未読だった『眠れ』と『虫の生活』も勢いで読みました。

宇宙飛行士オモン・ラー (群像社ライブラリー)眠れ―作品集「青い火影」〈1〉 (群像社ライブラリー)虫の生活 (群像社ライブラリー)

『オモン・ラー』は、憧れていた宇宙飛行士になったオモンは月への飛行を命じられ、月面走行車に配属されるが…と言う話。ソ連という体制の不条理が背景にあるけれど、ばかげたことは別にソ連に限ったことではないし、そういう中での少年の成長小説として面白かったです。

『眠れ』は人間以外の存在の視点で日常を異化したような話が印象に残ります。世捨て男と六本指の二人に微かに萌えます。

『虫の生活』は、読んでいると人と虫の姿が頭の中でちらちら交代してしまうような妙な話です。変わった小説が好きな方におすすめ。

あと、ペレーヴィンの日本語未翻訳の小説『t』のtはトルストイのことらしいと知って興味津々です。はやく翻訳されないかなー。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168600836

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック