『オルメードの騎士』ロペ・デ・ベガ


オルメードの騎士 (岩波文庫)

オルメードの騎士 (岩波文庫)

  • 作者: ロペ・デ ベガ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫



スペインの劇詩人ロペ・デ・ベガ(1562~1635)による戯曲です。

オルメードの騎士ドン・アロンソは、メディーナの町で美しい娘ドニャ・イネースを見初め、魔女ファビアに恋の取り持ちを頼みます。二人の気持ちは通じあいますが、イネースに恋する騎士ドン・ロドリーゴはアロンソに嫉妬し殺意を抱くのでありました。

ロペ・デ・ベガはシェイクスピア(1564~1616)と同時代に生きた人なんですね。スペインとイギリスで国は違えど、様々な階級の人が集まって一つの舞台を楽しむ演劇が盛り上がっていた頃なのでしょうか。

『オルメードの騎士』は話の筋は単純ながら、恋の情熱やアロンソの従僕テーリョの道化ぶり、そして悲劇の予感に、観客が喝采したりやきもきしたんだろうなあなんて思います。
ほぼ詩劇である原文のリズムを生かした翻訳で、読んでいるとリズムに乗ってくるのです。例えばアロンソがイネースを見初めた時のことを語る長い詩は、リボンで結い上げた巻き毛、胸元の襟にやった手首の白さ、フランス風の派手なスカートに重ねた地味な青緑のスカート、はきものの結びひも…と彼の視線の動きが感じられて、ニヤニヤしてしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック