『壊れても仏像 文化財修復の話』飯泉太子宗


壊れても仏像―文化財修復のはなし

壊れても仏像―文化財修復のはなし

  • 作者: 飯泉 太子宗
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 単行本



著者は財団法人美術院国宝修理所のスタッフを経て、現在はNPO法人を主宰し仏像の修復活動を行っています。
実際に修復に携わる立場から、修復の過程や文化財をとりまく状況を紹介しています。

仏像の素材と構造、どんな風に壊れそして修復するのかを、プラモデルなど身近なものと比べながら、くだけた文章でわかりやすく解説してあります。仏像を眺めるのは好き、でもそんなに知識はない私でも楽しめる本でした。

古い仏像は今に至るまでに何度も修理を受けていて、造られた当初とは姿が変化しているものも多いとか。
広隆寺の弥勒菩薩半跏像は、全身に金箔が貼られていたものが、表面が剥がれ落ちて骨格の部分がむき出しになっていて、今ではその状態が鑑賞され賞賛されているそうです。
他にも立像の痛んだ下半身の部分が切断されて、坐像に変えられていたなんてユニークなものもあります。

仏像を実用品と見るか、美術品として見るかで修理の仕方も変わるのは興味深いです。
仏像を信仰の対象として見る側は、金箔や彩色を施し見栄えがするように修理したい、しかし文化財や美術品として見るならば、古いものを新品のようにしてしまうと価値が損なわれてしまいます。著者が修復するときは、古いままにしておく「文化財修理」をすすめるそうですが、どちらかが絶対に正しいというものではない悩ましい問題なのはわかります。

それにしても地方の文化財をとりまく状況は厳しいんだなあ。仏像を大切にする人の気持ちが連綿と続いて古いものが残っていると思うと、今の時代に途切れてしまったら情けないですね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック