『秘密の花園』ノート 梨木香歩


『秘密の花園』ノート (岩波ブックレット) (岩波ブックレット NO. 773)

『秘密の花園』ノート (岩波ブックレット) (岩波ブックレット NO. 773)

  • 作者: 梨木 香歩
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2010/01/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



バーネットの『秘密の花園』を読み解くためのテキストです。

『秘密の花園』はインドで親に顧みられることなく育った少女メアリが、両親の死後イギリスの親戚に引き取られ、「秘密の花園」を見つけ再生することで自身の心と身体も再生していくというお話です。

ノートはストーリーの流れに沿いながら、場所が持つ意味や細々とした事物、動植物、端役の役割を考察していきます。

思えばメアリは召使に世話をされるだけで、人とのまともなコミュニケーションがほとんどない状態で育っています。先日『秘密の花園』を読んだときも、そこが一番心に引っかかったのでした。両親が死んで一人残されても、生活環境が変わっても、寂しい悲しいといった感情は湧かないのです。なにかあれば不快になるだけ。
人にほとんど使われていないがらんとした屋敷や、その一族と場所が醸し出す、子供が健康に育たない消極的な悪意のようなものを指摘する部分に、私のさびしー気持ちが反応してしまいました。や、私は別に不幸な生い立ちではないんですが。

一方で甘えることを知らず人を顎で使うようなメアリの性向が、心身の変化に伴って、媚びずに人に率直に物を言う芯の強さになっていくところには「うんうん」とうなずいたりしました。

本の読み方はひとつではないので、テキストを片手に様々な面に注意を向けて読んでみるのもいいもんです。

この記事へのコメント

  • ニゲラ嬢

    ツイッターでもお世話になっています(^^)ゝ
    『秘密の花園』は光文社新訳文庫で出た時に買ったまま未読だったのですが、このブックレットが出たので今度こそ読もうと思っています。光文社のは、児童文学とは考えずに訳したというものらしいので、岩波版と少し違う感じなのかもしれません。
    2010年01月12日 22:51
  • nao

    こちらこそお世話になっています。
    知り合いがいない状態でツイッターを始めましたが、けっこう楽しんでいます。

    >光文社のは、児童文学とは考えずに訳したというものらしいので

    そうなんですか。では似たような境遇で育ったメアリとコリンの性格の否定的な側面が、もっと辛口に翻訳されているかもしれないですね。光文社のも今度読んでみます。
    このブックレットはやはり『秘密の花園』を読んでから読むのがおすすめです。
    2010年01月13日 09:50

この記事へのトラックバック