ドラマになるのか蒼穹の昴

ただいま読書は停滞中。トルストイ『戦争と平和』を亀の歩みで読んでいます。ふりーめいそんに入るぴええるに苦笑。これが日本の昔話だと、きつねに騙されて気がついたらおかしな格好で原っぱに取り残されていた村人的展開になりますね。

ところで『蒼穹の昴』がドラマになるのを今ごろ知りました。
清朝末期を描く「蒼穹の昴」が登場!(NHKオンライン)

中国でも放映されるようです。
↓中国のサイトなので字が読めませんが画像がいっぱい。
http://ent.sina.com.cn/f/v/cqzm/index.shtml

西太后は田中裕子。「阿信」てNHK朝ドラのおしんですね。おしんの威力は侮れません。
あっ、うちのテレビだとNHK総合でしか見られないです…。

蒼穹の昴〈上〉

蒼穹の昴〈上〉

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 単行本





この記事へのコメント

  • ひろねこ

    「蒼穹の昴」がドラマ化なんですね!びっくりです。
    あのスケールの大きな話を、上手くドラマに出来るものなのでしょうか、しかも時代物だし。
    でも楽しみですね。
    2009年11月16日 14:33
  • nao

    楽しみですねー。
    ちゃんと話がまとまるのか心配なところですが。
    そういえばNHKのところに、

    >人間が持つ情と夢と希望が壮大なスケールとスピードで展開する

    とあるんですけど、…ジェットコースター・ドラマ?(笑)

    あと中国の女優さんは細面できれいです。
    2009年11月17日 08:38

この記事へのトラックバック