十二国記と佐藤亜紀とモリミーと

流れに何の関連もないと思いつつ、読んだ作品と作家を無理やり並べてみました。雑感を簡単に書いておきます。

yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]

yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/09/26
  • メディア: 雑誌



yomyomの12号はもちろん十二国記の新作が目的です。
事前に新潮社のサイトで告知があったので、『華胥の幽夢』収録の「帰山」を読んで気分を盛りあげました。
新作は柳国が舞台でタイトルは「落照の獄」
「帰山」で語られた柳国の状況を内側、つまり官吏の視点から描きます。司法がらみでタイムリーな話といえますかね。でもちゃんと「天」につながっていて、十二国記の世界観に組み込まれています。天綱に記された条理は絶対で、そのこと自体は是非もなく容認されていても、やはり人は悩むし揺れるのでありました。

今度はもう少し動きのある話が読みたいなー、と贅沢を言ってみます。というか本編はどうなるの?

華胥の幽夢(ゆめ)―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)華胥の幽夢(ゆめ)―十二国記 (講談社文庫)




激しく、速やかな死

激しく、速やかな死

  • 作者: 佐藤 亜紀
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/06
  • メディア: 単行本



『激しく、速やかな死』佐藤亜紀
短編集です。
うー、これはヨーロッパの歴史と文化の知識がないとつらいです。サド侯爵ならメジャーだし、白檀の小箱の話のように、背景を知らなくても女の人の意地悪な言い回しを楽しめる話もあるんですけどね。
作者による解題がついてますけど、私の力不足ということで…。
これを隅まで理解できる人はすごいなあ。読者や批評家の、群盲象を撫ず状態を作者が楽しんでいるとしたらこわひ…。



夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

  • 作者: 森見 登美彦
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/12/25
  • メディア: 文庫



『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦
こういう妄想系の話は好きです。
ひとつわがままを言うと、地名をぽんと出してイメージを作るのはどうかと。字面から勝手に想像するのもありだとは思いますが、名前が出てくる通りや界隈の雰囲気が滲むような描写をしてくれないと、土地勘のない私には全然わからないです。
妄想と現実が一緒くたになって、幻想に突入するのは楽しくていいのに。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック