過去を振り返る

あけましておめでとうございます。 カテゴリが1年飛んでいるような気がしますが、昨年の読書を振り返ることにしましょう。 メモをめくると山田稔、多和田葉子に惹かれ、安部公房の再読を始めています。 山田稔の「どこにも力みが感ぜられず、読むうちにこちらの力みも揉みしだかれる」と小沼丹の文章を評しているのに触発されて未知谷の『小沼丹全集』を読了。 補巻を入れて全五巻。大寺さんものと随筆が特に好きです。追憶に追憶が重なって、時系列を無視して記憶のなかを漂ったり、庭の木や小鳥、知人についての話など、なにげない短い散文に心がほぐれます。 翻訳物ではメルヴィル『白鯨』が叙事詩風といいますか神話っぽくて楽しめました。 そして年末年始に読んだばかりのナボコフ『ロシア文学講義』と『ヨーロッパ文学講義』が面白いです。ナボコフが小説のどこに重きを置くのかがびしびしと伝わってきます。細部と構造、文体について熱く語り、トルストイを絶賛してドストエフスキーを否定するナボコフですが、彼の評価には明確な基準があるから偏りがあっても面白いです。 『ヨーロッパ文学講義』は今月河出文庫で『ナボコフの文学講義』上下巻として出ます。 2012年のベストはなんといってもゼーバルト『アウステルリッツ』でしょう。 時間などというものはない、あるのはたださまざまなより高い立体幾何学にもとづいてたがいに入れ子になった空間だけだ、そして生者と死者とは、そのときどきの思いのありようにしたがって、そこを出た…

続きを読む

『美術の物語』を買いに

いい天気だったので自転車で出かけてきました。 まずは書店へ。購入したのはE.H.ゴンブリッチ『美術の物語』。先日発売になったばかりのポケット版です。西洋美術史の入門書として大きい本は手が出ませんが、これだと気軽に読めそうです。 ちなみにポケット版は後半にカラー図版がまとめてあります。 お買い物も済んだので、あとはのんびりサイクリング。 北大のイチョウ並木が黄葉してきれいです。落ち葉がはらりと舞って今が見ごろ。文化の日で祝日のせいか人も多かったです。 もうすぐ冬がきます。 美術の物語エルンスト・H. ゴンブリッチ E.H. Gombrich ファイドン 2011-11by G-Tools , 2011/11/03 美術の物語E.H.ゴンブリッチ 田中 正之 ファイドン 2007-01by G-Tools , 2011/11/03

続きを読む

文庫本の背表紙

本棚を整理していて「おや?」と気づきました。 だいたい作家別に並べていて、文庫本の背表紙が出版社を越えて同じ色になっているものがあります。 堀江敏幸の文庫で、向かって右から新潮文庫、中公文庫、講談社文庫、角川文庫です。 新潮文庫『いつか王子駅で』が白になっている以外は一緒。写真では白っぽく見えますが、角川文庫の『もののはずみ』も薄いグレーです。 偶然ではあるまい、と思ったらやはり。 本よみうり堂の記事に、 自著の文庫版は、違う出版社でも背表紙の色をグレーに統一するという念の入れようだ。 とありました。 並べたときに調和しますね。

続きを読む

明けましておめでとうございます

振り返ってみれば昨年は読了本がいつもより少なかったです。 メモを見るとロシア文学に興味を惹かれていたもよう。 ドストやブルガーコフ、トルストイの未読作品はもちろん、他にも読みたい名作、翻訳物がたくさんあります。今年一年、亀のような読書速度でどれぐらい読めるでしょうか。 今はレヴィ=ストロース『悲しき熱帯』を読書中。 レヴィ=ストロースの記憶と思索の小径をたどっていると、身体から魂が抜け出て本の中に入ってしまいそうです。 正月から寝言ポエムですみません。 本は少なかったけれど、ドラマは観てました。『龍馬伝』と『坂の上の雲』と『蒼穹の昴』って、NHKばかりですね。 今年の大河ドラマはどうかな。女性が主役はいいけど、女性視点だから平和主義とかいうのはやめてほしいなー。 もう一つ『テンペスト』もドラマになります。池上永一の原作『テンペスト』そのままに作らないと思いますがどうなんでしょう。ヒロインの情緒的な部分ばかり強調されそうですが、薩摩と清に挟まれた琉球王朝の話は面白いので一応観る予定です。

続きを読む

『歪み真珠』山尾悠子 ほか

歪み真珠作者: 山尾 悠子出版社/メーカー: 国書刊行会発売日: 2010/02/25メディア: 単行本 山尾悠子を読むのはこれで二冊目です。 以前に読んだ『ラピスラズリ』は小説世界を把握するのに時間がかかったけれど、最後におおっ! という情景にたどりつきます。 『歪み真珠は』15の掌篇を集めたもので、その中の「ドロテアの首と銀の皿」は『ラピスラズリ』の冬眠者に連なる話でした。 山尾悠子の作品は、言葉で組み上げた人工の美の世界だなあと思えます。強く吹きつける風や流れ去る雲、刻々と変化する野の景色も絵画の中に存在するようです。もちろん色彩や動きが感じられるわけですが、同時に静けさもあるのです。 会話が途切れた一瞬の静寂を「天使が通った」なんて言いますね。その感覚に近いです。 ときどき滲み出るユーモアはいいなあ。男前の聖アントワーヌがどんな誘惑を? とまわりが妄想を逞しゅうする気持ちはわからないでもないです。 ほかにはヴィクトル・ペレーヴィンの『宇宙飛行士オモン・ラー』がよかったので、未読だった『眠れ』と『虫の生活』も勢いで読みました。 『オモン・ラー』は、憧れていた宇宙飛行士になったオモンは月への飛行を命じられ、月面走行車に配属されるが…と言う話。ソ連という体制の不条理が背景にあるけれど、ばかげたことは別にソ連に限ったことではないし、そういう中での少年の成長小説として面白かったです。 『眠れ』は人間以外の存在の視点で日常を異化したような話が印象に…

続きを読む

『ローマ亡き後の地中海世界』塩野七生

パクス・ロマーナの時代が終わると、北アフリカは徐々にイスラム化され、ヨーロッパの沿岸地域はイスラム教徒による海賊に襲われるようになります。破壊と掠奪が行われ、拉致された人々は奴隷にされます。 7~18世紀ごろまでこの状態が続いていたことに驚きます。やれ十字軍だルネサンスだと騒いでいたころも、ヨーロッパの名もない人々が鎖に繋がれて海賊船の漕ぎ手をさせられたり、奴隷として北アフリカに送られていたのですね。 キリスト教のヨーロッパ諸国はイスラムに脅威を感じていながらも、ヨーロッパでの内向きの勢力争いに忙しく、積極的に海賊排除に動かなかったように思えます。地位もお金もない人が連れ去られても事件にならないでしょうし。 ただ、アラブvsヨーロッパ、イスラム教徒vsキリスト教徒のような、大きな括りの攻防の影に、軍事力によらない奴隷救出活動を続けていた団体もあったそうな。 千年あまりの時間と広い地中海世界を描くので、概略になってしまうのは仕方ないかな。 前述の救出団体の話やマルタ島の攻防、スルタン・ムラード三世の生母になるヴェネツィア貴族の娘チェチリアなどの人の物語になると面白いです。 執筆にあたって著者は「地中海の真中から前後左右を見ている感じ」と述べています。でも塩野七生はローマ世界やコスモポリタン的な考えに価値を置いている人だと思うので、そのへんは頭に入れて読む必要はあります。 ローマ亡き後の地中海世界 下作者: 塩野 七生出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/…

続きを読む

『オルメードの騎士』ロペ・デ・ベガ

オルメードの騎士 (岩波文庫)作者: ロペ・デ ベガ出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2007/08メディア: 文庫 スペインの劇詩人ロペ・デ・ベガ(1562~1635)による戯曲です。 オルメードの騎士ドン・アロンソは、メディーナの町で美しい娘ドニャ・イネースを見初め、魔女ファビアに恋の取り持ちを頼みます。二人の気持ちは通じあいますが、イネースに恋する騎士ドン・ロドリーゴはアロンソに嫉妬し殺意を抱くのでありました。 ロペ・デ・ベガはシェイクスピア(1564~1616)と同時代に生きた人なんですね。スペインとイギリスで国は違えど、様々な階級の人が集まって一つの舞台を楽しむ演劇が盛り上がっていた頃なのでしょうか。 『オルメードの騎士』は話の筋は単純ながら、恋の情熱やアロンソの従僕テーリョの道化ぶり、そして悲劇の予感に、観客が喝采したりやきもきしたんだろうなあなんて思います。 ほぼ詩劇である原文のリズムを生かした翻訳で、読んでいるとリズムに乗ってくるのです。例えばアロンソがイネースを見初めた時のことを語る長い詩は、リボンで結い上げた巻き毛、胸元の襟にやった手首の白さ、フランス風の派手なスカートに重ねた地味な青緑のスカート、はきものの結びひも…と彼の視線の動きが感じられて、ニヤニヤしてしまいました。

続きを読む